« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

一年間、ありがとうございました!

サイトを開いてから約5ヶ月、沢山の方とお知り合いになれて、とても嬉しく思っています。
あまり欲張らずに、皆さんとアットホームな関係を作っていけたら・・と思っていますので、来年もまた宜しくお願いします。

本当は明日から逃亡予定でしたが、思いがけない大雪に見舞われたため、本日(23日)午後から、空港近くのホテルに宿泊することになりました。色々やりたいことがあったんですが、中途半端でごめんなさいっ!

戻りは1月4日の予定です。それまでBBS,Blog,メールのレスが付けられませんので、ご了承下さいませ。

では、皆様も楽しいクリスマス&よい年末年始をお過ごし下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

健康診断と大雪と宴会と

何て忙しい一日だったんだろう(^_^;)

今日は年に一度の健康診断で、片道1時間半かけて最寄の都会の病院まで行ってきました。
この健康診断だけでも半日かかり、かなーりしんどかったのですが、モールを少しふらついてから、夕方帰路につく途中で大雪に見舞われてしまい、帰りは2時間半もかかってしまいました(^_^;)

いや〜〜ウチの周辺はあんまり雪が降らない地域なのですが、どうやら只今寒波が来ている地域に差し掛かっているようで、20cmほどの積雪ですね〜〜

みぞれ交じりの雪が降る中、窓ガラスも凍るし、ワイパーも凍って役に立たず、一時は前が殆ど見えなくなって「うわ〜〜〜っ、どうなるのぉToT」と心の中で叫んでいたのですが、何とか家まで辿りつきました。

そんな思いをして戻ってきたのですが、亭主は会社の忘年会(ったく、アメリカにいるんだから、そういう日本的な行事は謹んで頂きたいワ^^;と思うんですが・・サラリーマンの悲しいサガですわね)で、再び出かけて行ってしまいました(ToT)/~~~
(その後、無事に戻ってきました^^;車はお店に置いてきて、近所の方に送ってもらったそうです・・)

うーん、でもそのお陰?で、何とかこうして、今日中に日記が書けたんですけど(笑)

さて、明日で今年の日記はおしまいの予定です。
記事の更新は、やっぱり月曜日に上げた分でラストになってしまいました^^;ごめんなさいーー;
明日は逃亡準備(ああ〜〜〜っ、全くやってないようToT)に追われるかと思います。

ふうっ、少しでも今のうちに進めておこうっと(@。@;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

詰まってしまった(^_^;)

今日の更新はお休みです。

うーん・・今年の更新は、もしかすると昨日が最後かなぁ?明日は健康診断、明後日はフリーですが、金曜日から逃亡を控えていますので、準備もしなくちゃならない・・

今日、やっと今年お世話になった方々への挨拶カード(PCで送ることが可能な方へは、極力そうしてます。手書きのものは、親戚の方が殆どでした。こちらは既に終了)をお送りできました。
そんなに数はないのですけど、まとめてやると、サイトの記事UPとは違う意味で、目が疲れますね^^;

逃亡の準備もしなくちゃならないし、うーん・・忙しいかも。

と思ってたら、なーんと午前中にトイレの配管が詰まってしまって、その処理に追われてしまいました(^_^;)

ヘンな話で恐縮ですが、こちらのトイレは詰まりやすくて、各家庭にあれ?何て言うんでしたっけ?(シュポシュポやって、つまりを解消する道具です^^;)を常備してあります。

何とか自力で頑張ろうと思ったのですが、水は止まらないし、結局半泣き状態で亭主に『詰まっちゃったよぅ(ToT)』とヘルプの電話を。

すぐ戻ってきてくれたのですが(こういう時、こっちの職場は融通が利きます^^;)結局、元栓をしっかりと止めておけば、水はすぐに止まったはずだとか(^_^;)
あせってしまうと、うわ〜〜〜っどうしよう(?o?)が先に立ってしまうタチですからね(^_^;)

半日かかって何とか収まりましたが・・バスルームは水浸しだし・・はぁ。

何だかとっても疲れた一日でした。
うう〜〜逃亡の準備、しなきゃならないわ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

音楽評論

週末を挟んでの記事UPだったので、私の見解(しかも、全くまとまりがない^^;)が遅れましたこと、お詫びしておきますね。
ユルシュールさん、トラックバックありがとうございました。

keyakiさんの『勇気を振り絞って』コアなオペラファンが集まっている某BBSへの投稿も目にしました。
いくつかの反応(私は概ね、好意的な反応だったと理解していますが、如何でしょう?)があったようですね。

今回の議論の発端は、あるモノガキさんの『誠意の足りない』一文に起因してのことですが、残念ながらこういった文章を好んで読みたがる、またはありがたがる読者も少なからずいる・・ということは、否定できないと思います。
これは読み手(=受け手)の資質にもよるでしょうし、こうした読者が減らない限りは、また同じようなことが繰り返される可能性も否定できないでしょう。

音○の友社の『お客様からの声は、メール、お手紙は一切受けつけず、電話のみの対応』に関してですが、これはもしかしたら、『何かあった時に、文字で残しておくと証拠が残ってしまって、不都合なことがある・・』ということに起因しているのかもしれませんね。

こういった対応を取る業種というのは、大きな声では言えませんが、残念ながら時々メーカー勤務の方などからも伺います。
しかし出版業の場合は、お客様からの声を受ける・・ということを抜きにしては、本来成り立たないと思います。でも「それが現実」なんですよねーー;残念ながら。

また、ユルシュールさんがご指摘なさっている
>評論家自身の嗜好を前面に押し出し、また人によっては、自分の好みに合わない演奏を切り捨てるような風潮があるように感じます
点については、本来、プロのモノガキさんが、個人的感情に左右されるべきではないというのが理想ですが・・現実には人間ですから、そうもいかないのが実情ですねーー;

>現在「音楽評論家」と言える書き手はほとんど存在しないように思います。

これは前から不思議に思っていたことですが、例えば『文芸評論』に比べると、音楽評論というのは、とても曖昧で、実はあんまり、面白い・・と思ったことがないんですよね(^^ゞ
文学評論では鋭い批評で関心することの多い方の書いた音楽評論ですら、そう思えることがあるのです・・;
(これは、私よりも遥かに物知りで、遥かに読書家&クラシック音楽好きである、我が夫もそう主張しています)

文学は、世に送り出した時点で既に完成しており、他者が手を入れることが出来ませんが、音楽の場合(ここではクラシックに限定します)は殆どが、作曲者の手を離れて、個々の演奏家の解釈にて表現される・・という点が、『音楽評論』を曖昧にしているのでは?とも思っています。
(でもこれは、答えがとても難しいですし、多分永遠の謎かも(笑))

解釈は千差万別ですから、色んな演奏家の手によって演奏され、そして聴き手は、自分が感じていることに近しい解釈の演奏家に心を奪われる・・という感じでしょうか?

平たく言ってしまえば「最終的には好みの問題」でしょうから、解釈が違う演奏家の人格若しくは行動そのものを否定する・・ということに繋がっているのかな?とも思ったり・・
(それはとても、問題のあること!なんですけどねーー;ああ・・堂々巡りの私の文章(^^ゞ)

今回の件で、何となく思い出したようにざーっと読んだ『君の微笑み』(詳しくは本日の更新『何読んだ?!』をご覧下さいませ!)の中で、面白い文があったので、ご紹介しておきますね。

『芸術家であるからには、まず人間でなければならないから、どんな芸術かも完璧であると考えることはできない。おのおのの芸術家の欠点や不完全なところを見分けるのは、たしかに批評家の仕事の一つであり、それはとりわけその欠点を直すことを奨励するためでもあるのだが、それだけが仕事であるはずはない。もしあら探しだけが仕事だとするなら、二つのケースしか考えられない。批評の対象となる人物が、あらゆる面で欠点だらけで職業を間違えたに違いないのか、批評家が、冷静でも有能でもないか、である。』

| | コメント (6) | トラックバック (3)
|

幸せを感じる瞬間

今日も更新は、シュトレンの観察日記です・・;

4日間で4種類焼くのよ〜〜と張り切っていたのですが、結局昨日はモタモタしていた為、とうとう焼くことができませんでした(^_^;)

亭主の会社の不思議な風習として、この季節になると何故か全従業員が、食べ物を一品ずつ、順番に持ってくる・・というのがあります。日にちに対して、人数の方が多いですから、ダブってしまう日もあるんですけどね。

本日がウチの番だったんですよ^^;
本当は4種類、持って行ってもらおう・・と計画していたのですが、まぁ、3種類もあれば充分かしら?ということで^^;へへへ〜〜

(そう思ったんですが、やっぱり実験の為にも4つ焼かなくちゃ〜〜ということで、今日は早朝から台所に立って、最後のシュトレンを焼きましたぁ・・写真と観察日記は、週明けにUPしますので、お楽しみに^^)

昼の休憩時、ウチに戻ってきた亭主に売れ行きを聞いたところ「うん、あと4,5切れ残ってたくらいだったよ」ということでした^^

しかーし「運が悪かったなーー;誰か、でっかいフルーツケーキを持ってきてたな・・」

・・な、なにっ?!誰よーー;もうっ^^;

もしそれが、ウォ○マートで売っている、とんでもなく甘いフルーツケーキ(←一度英会話教室でお茶請けに出して頂いたのですが、あまりにも甘くて、さすがに皆、もてあまし気味だった^^;;;)だったとしたら、アメリカ人に対しては、私のシュトレンは絶対に分が悪い・・
(だって、あんまり甘くないんだもん^^;)

う〜〜亭主が戻ってきたら、聞いてみなくちゃっ。

ところで、何が幸せだったかというと、今日はシュトレンと平行して、クッキーも焼いたし、お昼ゴハンも作りました。
勿論、キッチンは散らかり放題。後片付けのことを思うと、頭が痛いところですが、こっちでは大きな『食器洗い乾燥機』という、強い味方があるもんねー♪

再び亭主を送り出した後、全て食器洗い乾燥機につっこんで、ジャブジャブ・・

・・ああ、幸せっ^^(←料理は好きだけど、後片付けのできないひと)

今日は、最寄の都会のクリスマスディスプレイを見に行ってきます^^
皆様もよい週末をお送り下さいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

焼き直し本

えうりでぃちぇさんkeyakiさんのBlog、興味深く拝読させて頂きました。

今年はこういった書風の、初心者でも気軽に手に取りやすい・・というのをウリにした?『オペラ入門書』が数冊出版されたようですね。

でも悲しいかな、どうやらネタは、10年ほど前に出版されていた新書版、若しくは単行本の『焼き直し』と言っても過言ではなさそうですね。

評論家やインタビュアーも、演奏家が来日してきた時を狙っての取材という形をとっているようですから(=つまり、わざわざ海外に出かけての取材・・は、してなさそうですものね^^;)
おのずと情報も古くなっていくでしょう。

10年も経てば、引退した人もいれば、再婚して別のパートナーと一緒に再来日することもあるでしょうし、残念ながら、亡くなってしまった方もいらっしゃいますよね。

焼き直し出版自体、それでお金を取ってもいいものか??と思いますが、『新刊本』として出版する以上は、きちんとデータの裏づけは取ってから、出すべきでしょう。

そして、10年前との最大の相違点は、インターネットの普及によって、『評論家』や『インタビュアー』以上に、個々の演奏家のファンの方が、その演奏家についての情報を多く持っている可能性が大きい・・ということではないでしょうか?

ホフマンに関しては、私がファンになった時には、既に病気で引退した後だったということは、あとになってわかったことだったんですけど、これは、日本で出版されている本の情報だけでは知りえなかった事実です。
ネットがなければ、真相は闇の中でしたわよ(^_^;)

>基本的に信頼して読む書物です。事実の裏付けは全く無い上、
>この文章、他者に対する尊敬と同情心が欠如している雰囲気を醸しているのが
>悲しいです。

全くその通りですね。情報の裏づけもなく、興味本位の憶測のみで、仰っているような本が出版されるのは、恐ろしいものです。
情報過多の時代といえ、『本』を出版する、若しくは『モノを書く』時には、必要な情報はきちんと整理したうえで形に表すべきです。

ついでにもう一つ^^;
仰っている著者の文章、構成がめちゃくちゃでしょう?^^;
自分にしかわからない〜〜みたいな書き方だし、なにかと代名詞が入り組んでいますしね。

以前、家族がこのひとの文章を読んで、「こんな書き方しか出来ないのは、プロじゃない。こんなのでお金を取るのはもってのほか」って怒ってましたよーー;

| | コメント (6) | トラックバック (3)
|

行事、終了!

今日の更新は、今週ハマっている『シュトレン』・・

お菓子のギャラリーに置いておこうかと思ったのですが、せっかく作り比べているのだから・・ということで、独立させました。
自分としては力作のページなので^^ご覧頂けると、嬉しいなぁ(^o^)/

あと一枚、写真追加予定ですので・・(そう言いながら、今日はなかなかキッチンへ足を運べないで、モソモソしていますーー;もう夕食の支度の時間じゃん^^;)

今日で、今年のお付き合い関係の行事は全て終えました。とりあえずほっとしています。

今日は、英語の先生とランチでした。
コミカレのグループレッスンで知り合った先生で、適時クラスを設けて下さるはずだったのですが、人数が揃わなくて、コミカレとしてはクラスを持てなくなった後も、月に1度、ご好意でランチの会を設けて頂いてます。

アメリカ人としては、実に珍しく(^_^;)とても繊細な方です。むやみにハイテンションにならないし・・
心根がやさしいしね^^

また来年も、クラスが開けなくても、ランチは続けて下さるとの事で、嬉しかったです(#^.^#)

そろそろ、真剣に冬休みのしたくをしないといけませんね^^;
こそっと告知:ヴァランシエンヌ、12月24日〜1月4日まで、某所に逃亡します・・逃亡先は

"Nie sollst du mich befragen・・・"(決して尋ねては、なりません!byローエングリン^^;)

戻ってきてからの、お楽しみ!ということで^^;

さ、あといくつ今年は更新できるかしら?^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

シュトレン 第2弾

今日も懲りずに、シュトレンの写真UPで更新をしのいでいます(笑)
Blogのプロフィール写真も、シュトレンの写真に変えてみました。

今日UPしたのは、『手作りパン工房』(島津睦子 著)のレシピです。写真で見ると、違いがわかりませんね^^;

実は、作り方も材料の分量も違うんですよ〜〜
味は、今のところ第1弾の方がより素朴な感じです。

『シュトレン』とはそもそも何ぞや?!ということですが、相互リンクさせて頂いている雪虫さんの『食べる民俗学』さまのシュトレンレシピのコーナーにも説明があります。

他にもググッって見た結果・・

『シュトレン(stollen=「棒」)という意味があります。

14世紀の文献には、パン屋の誇りと品質管理の伝統である「組合」を認可してもらうかわりに、「シュトレンという白い棒パン」を12月に司教に献上したとあるそうです。

こうして「献上するもの」という伝統が始まり、さらにその呼び名は16世紀以降に「クリストシュトレン」に変わります。シュトレンの形は、アッシジのジョットーの絵などにあるキリスト生誕の時のおくるみ姿を確かに思わせます。

ドイツでは現在、正式名をChrist stollen(クリストシュトレン)としています。』

(舟田詠子さんの「誰も知らないクリスマス」講演から )

色々調べてみると、面白いですね(^o^)

| | コメント (2)
|

シュトレン 第一弾

sweet-04

うわ〜〜〜っ、今日は寒いです(><;
午後1時に車の外気温計を見たら・・0℃でした(^_^;)

今日の更新は『食いしん坊天国』お菓子のギャラリーに、シュトレンの写真を1点追加です。

シュトレンはドイツのクリスマスの定番菓子ですが、今年が初めての挑戦となります。
シュトレンにも色んなレシピがあり、ウェブ上のレシピを含めると、手元に4つのレシピが揃いました。
とりあえず第一弾は、ドイツパン職人修行の道さまに掲載されているレシピです。

今週はお菓子を焼いて持って行く機会が多いので、それなら順番に作ってみようかな?と思い立って、昨日から始めています。
題して『シュトレン焼き比べ大会』です^^;

サイトにUPした写真は、光っていて少し見辛いかな?と思ったので、こちらにも、ついでに載せておきますね。
クリックすると、少し大きなサイズで見られると思います。
・・この写真も、暗いですね(^_^;)

| | コメント (3)
|

クリスマスイルミネーション

今週は、クリスマス前の最後の一週間ということで、お菓子を焼く機会が増えそうです(^_^;)

ということで、順次お菓子(もしかしたら、パンも入るかな?)の写真UPが、今週の更新となりそうですので、ご了承下さいませ。ちなみに本日は、シュトレン(ドイツのクリスマス名物ですね^^)に初挑戦している最中です。
うまく行ったら、明日写真UPできるかも(笑)

さて、アメリカのクリスマスの名物といえば、家庭のクリスマスデコレーション&電飾だと思うのですが、週末の夜、電飾を見がてらの、町内ドライブを楽しんできました(^^)v
電飾の写真は、カメラの性能不足で、残念ながら皆様にはお見せできないのが残念ーー;

我が家は夫がとてもシビアな人なので(笑)クリスマスデコレーションは一切ナシなのです(^_^;)
しかし、電飾を見に行ったあと、珍しく『来年はうちでも、少し電飾をやってみようか・・』との声が(@。@;

・・来年のクリスマスまでここに住んでいるのかどうかは???ですけど、彼がそう言うのは大変に珍しいことなので、今年はさておき、来年に向けて、アフタークリスマスの『電飾80%オフ^^;』を狙って、鹿さんやサンタさんの置物をゲットしちゃおうかなぁ〜♪とほくそえんでいる妻でした(^_^;)

今年もせめて、小さい鉢物のツリーくらいは欲しいところですね(笑)

| | コメント (6)
|

速報?!’54カイルベルト盤『ワルキューレ』

今日の更新はお休みです(^_^;)
(さっきまで、クランベリージャム作ってました・・)

一昨日のBlogに書いた、’54カイルベルト盤『ワルキューレ』、BBSでも話題にして頂いて、ありがとうございますm(__)m
ざーっと聴いた感じの感想+αをまとめておきますね。

いずれ、本家の方にもまとめてUPするつもりですので、今回は下書きということでご容赦下さいね^^;
ワルキューレは、暫く封印していたんですが・・どうやら再燃しそうですね・・;

この盤最大の聴き物は、マルタ・メードルのジークリンデです。

・・メードルは、私の大好きな女性歌手さんの一人なのですが・・

ずばり『この役には、合っていない^^;』というのが実感ですね(^_^;)
聴く前から「もしかしたら、こんな感じで歌うのでは・・?」という、予想通りの歌唱でした。

彼女の魅力は、常に全力投球で、髪の毛を振り乱したような入魂?^^;の歌唱スタイルだと思っています。
ならば、ジークリンデには向いているのではないか?と思うのですが、必ずしもそうじゃないんですねーー;

ジークリンデが一幕で歌う、身の上話は、私の大好きなアリア?の一つですが、例えばこのアリア単体で、アリア集で聴いたのならば、素晴らしいだろうなぁ・・と思うのですが、楽劇全体の流れからは、かなり浮いてますね^^;

ジークリンデは、ここでおそるおそる『ジークムントに自分の全てを託す、祈りの気持ち』を込めつつ歌うのが理想的だと思っているのですが、メードルの場合は『アンタ、しっかりしなさいよっ!!』と、叱咤激励しながら歌っているように感じるんです(^_^;)
何と言うんでしょ?表現が『強い女すぎる』のかなぁ?

これは以前から思っていたことですが、ジークリンデとブリュンヒルデは、どちらか一方しか手掛けていない歌手さんもいる反面、どちらもレパートリーにしている歌手さんも大勢いますよね?
でも、実際にはどちらか一方に適正が向いているように感じることが多いです。

(同じことは、ジークムントとジークフリートにも言えるかな・・と思ってます)

専門的な声楽的分類云々の話ではなく、役柄の性質によるのが理由ではないかしら?

ジークリンデは、ワーグナーのヒロインの中では最も生身の女性らしい『悲しみを秘めた』女性。
それ故に、錯乱する時にも、どこか微かに『諦めの気持ち』があるのかもしれません。

ブリュンヒルデは、自分の否定的な運命=ヴォータンの罰に激しく抵抗する女性。
だから、神の娘であっても、抵抗する時にはなりふりかまわない・・という側面もあるのでは?と思います。

その辺の違いをどう表現するのかによって、どちらかに適正が振れるような気がします。

・・ということを、メードルのジークリンデを聴いて、実感しました(^_^;)
メードルは良い意味でも、悪い意味でも、ブリュンヒルデ向きのひとだと思います^^;

もう一つ:
M.ローレンツのジークムントですが・・うーん。これは好みにもよると思いますが、かなり時代錯誤な歌い方ですねーー;(ファンの方、ごめんなさい!)
「おれは、悲しいんだぁ〜〜〜ほら、こんなに不幸なんだぁ〜〜;」というのもやり過ぎると・・はぁ。

この役は、自分の不幸を、どこか冷めた眼差しで見つめるような、冷静さも必要だと思うのですが(^_^;)

他の歌手はそこそこ良かったと思います。
グラインドルのフンディングが素敵でした(*^_^*)
ワルキューレの一員・ニルソンは・・やっぱり馴染みのあるお声ですから、すぐわかっちゃいますね^^;
ワルキューレたちの中でも、一番元気がよかったです。

ああ・・また考察したい項目が増えてしまったわ(^_^;)

師走の週末は、色々とお忙しいと思いますが、皆様よい週末を^^!

| | コメント (2)
|

クリスマスプレゼント

今日の更新は『棚からオペラ』の懸案事項だった一つ、『オペラハウスよもやま話』に記事をUPしました。

・・ほっ、これで一つ今年の宿題が片付いたわ(^_^;)

今日はニューカマー(他州から新しく引っ越してきた方を対象にした、地域の奥様の助け合い・・みたいなものかな(^_^;))のクリスマス会でした。
一人$10くらいのプレゼントを用意して・・とのことでしたので、何にしようか迷った挙句、週末に人形を見つけました。それにしてしまおう!と思っていたのですが・・

でも人形って、側に置いておくと情が移ってきませんか?^^;

3日間くらい、我が家で飾っていたら『他人に渡したくないっ^^;』と思えてきて・・結局それは自分のものにしてしまい、他のもの(ひざ掛けです・・これも個人的には、マァマァかな?^^;と思います)を適当に買ってきてしまいました(^_^;)

・・いざ、プレゼント交換会。くじ引きの順番に、好きなプレゼントをもらっていき、その場で開封、後の人は、『あの人のあれが欲しい!』と思ったら、取り替えてもらうことができます。
私ったら、クリスマス柄の箱に入れたものの、袋には入れずにその箱だけをゴロンと持って行ったんですよ〜〜

そうしたら、ま〜〜人気のないこと(笑)

こっちの人は、大きくて、かさの張っている、はでな袋入りのものがお好みなんですねーー;
可愛そうな私のひざ掛けは、最後まで売れ残り(←自分の順番の時に持ってきちゃおうかと思ったんですが、一応ルール違反よねぇ・・と思って、ためらってしまった)最後の順番だった、お知り合いの日本人奥様に行き当たりました(^_^;)

来年は、ラッピングだけでも派手にしたいと思います。
(でもそのきれいなラッピングも、包装紙をビリビリやぶいて、あとは捨てちゃうんですからね^^;)

本日の教訓。
やっぱりアメリカ人には、繊細な心遣いは通じないのかもーー;


| | コメント (5)
|

’53カイルベルト盤リング&’54ワルキューレ

今日はこちらの時間で午後2時から、メンテナンスを行うとのことで、記事UPができなくなるので、先に日記を書いちゃいます。

先日日本のH○Vで注文した、’53カイルベルト盤『リング』と’54カイルベルト盤『ワルキューレ』が、先ほど届きました(^o^)/

近年、メジャーレーベル以外のところから、廉価版でこういった以前のバイロイトライブが出てくるのは、とても嬉しいことですが、何故かアメリカでは入手し辛いので、結局日本のサイトで購入しています。
(送料のことを考えても、かなりお得ですしね・・;)

カイルベルトの演奏は’52の『リング』も聴きましたが、骨太な感じの演奏スタイルで、割と好きなんですよね〜〜こういう演奏(#^.^#)

’53では、ブリュンヒルデを私の大好きな、マルタ・メードルが歌っているので、と〜〜っても楽しみです^^
彼女のブリュンヒルデは、フルトヴェングラーの’53ローマ盤も聴きましたけど、こちらではジークフリートがちょっと好みではなかったので、今回のヴィントガッセンとのコンビを楽しみにしています。

そして、’54『ワルキューレ』では・・・メードルのジークリンデ!!ということで、これまた楽しみ。
ブリュンヒルデはA.ヴァルナイ、キャストをちらりと確認したところ、ワルキューレたちの中に、何とニルソンの名前が(^_^;)

・・うーん、女傑(失礼^^;)3人の三つ巴ですかぁ(笑)

全部まとめてきくのは時間的にも大変ですが、ディスクリスト作成も兼ねて、ちょこちょこ聴いて、感想を書いていこうと思っています。

既にお聴きになられた方がいらっしゃいましたら、BBSでも、Blogコメント、どちらにでも結構ですので、感想をお聞かせ下さいね。お待ちしています。

| | コメント (2)
|

高速道路の運転

今日は所用でお出かけしておりましたので、更新はお休みです(^o^ゞ

さて、某所へお出かけする為には、1時間半ほど高速道路の運転の必要がありますーー;
サイト開設当初から私とお付き合いのある方は既にご存知だと思いますが、私は車の運転が大嫌いなのです(^_^;)

(そのくせ、『レンタカーやマイカーでの車の旅行』を提案している・・というのですから、タチが悪いですよね^^;)

ま、それは置いといて・・
今日、私の生息地域は大変な強風でした。普通に車を走らせていても、煽られる〜〜というのがわかるくらいでした。
こちらの高速道路は、州によっても多少の違いがありますが、だいたい65〜70マイル(110〜120キロ/h)制限です。
高速道路に入ると「わわわわわ^^;」というような煽られ方でしたーー;
今の車は、高速安定性があんまり優れていないので、真っ直ぐ走る為に、ハンドルを取られそうになるまいと、また必死の形相でハンドルを握り締めていた私^^;

それに、私の運転で遠出をする時には、何故かよく物が飛んでくるんですよね(^_^;)
いつだったかは、走行中に前方のトラックから円盤みたいなの(未だに何だったのかは謎ですが、ちょうどCDみたいな大きさで、形もあんな感じ)が飛んできて、避けようがなかったため、ボンネットには点々と傷がついてしまいました(^_^;)

で・・今日も正体不明の物体が2回ほど飛んできました。幸い、窓ガラスなどの破損は見当たりませんが、ボコッと音がするとコワイですよね(^_^;)
アメリカの道路って、色んなものが落ちてたり、降ってくるもの・・;

(そういえば、主人と出かけていた時に暗闇にソファーが落っこちていたのにはビックリ@。@;)

とりあえず、事故は起こさないように、また万が一起こしても自爆で済ませるようにしたいものです・・;

| | コメント (6)
|

サーバートラブル 顛末

週末は皆様にもご心配をおかけしましたm(__)m
また、励ましや情報の書き込み、メール等本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

今日の更新は、当サイトからリンクさせて頂いているサイト様のリンクリストを、このBlogへも設定しました。
サーバーダウンの際には、是非ご利用下さいませ。

さて、今回の顛末です。

最初に繋がらなくなったのが、こちらの時間で金曜日の夜。日本の土曜日の朝だと思います。『ジオ助け合い広場』によると、その時には日本でも繋がらない人が続出していたようです。

自分のPCのクッキー削除、キャッシュ削除、それでもだめなら、プロキシ設定を変更する・・とかいう対策をしてみたら?という意見が、PCに詳しそうなユーザーから出ておりましたが、読んでも専門用語が多くて??だったし、『やってもダメですーー;』って意見の方が多かったのです。

これは下手にPCをいじって、PCそのものがダメになったら、その方が問題だわね・・と考えて、私が行ったのはクッキー削除(これは以前、ネットカフェ時代に毎回使ってたので^^;私でもわかるんです)だけでした。
でも効果ナシでしたけどね(^_^;)

ジオのサーバーのHPだけに繋がらないのだから、絶対ジオ側に問題があるに違いない!って思ってましたし^^;;;

ジオ側としては、一応土曜日に対策をうち、ジオのHPにも『12月4日 不具合のお詫び』が出たのです。とりあえず、日本ではその時にほぼ完全に復旧したようでした。

問題はそのあと。海外から繋がりません・・というメッセージが『助け合い広場』に続出。そこで、DNSが古い情報になったままだったら、自分でプロバイダに連絡をして、対策をとってもらえ・・と。

そんなの、おかしな理屈だと思うんですよーー;
だって、ジオは日本の中では大手のHPサーバーですけど、世界の中では『たかだか日本のいちサーバー』に過ぎないじゃないですかぁ。それに、いちサーバーの為に、わざわざ海外のプロバイダが『手動で』更新を早めるなんてこと、在りえないと思うんですけど(^_^;)

結局、日本時間の週明けをねらって、再トライしてみたらちゃんと繋がったので、恐らくジオ側がこっそり対策をうったのでは?と睨んでいます。その時に掲示板を覗いたら、ヨーロッパやオセアニア、東南アジア、勿論北米も含めて『何もしていないのに、いきなり繋がった!』っていう報告が続出してたんですよ〜〜

ということは、復旧した時間は、ほぼ世界同時だったということですよね。

『各プロバイダに個々で問い合わせしろ』と言っていたくせに、世界同時に各プロバイダが「いちサーバーの為に」対策した・・とは、考えにくいですよね^^;

せめて『海外の方への復旧が遅れたことをお詫びします』というコメントを載せて欲しいと思います。

ジオも無料で50Mも使わせてくれるのは有難いですけど、ちょっと無理しすぎなのかもしれませんねーー;

サーバーの引越も考えましたが、何処のサーバーでも起こりうることでしょうし、せっかく更新作業などにも慣れてきたところですし、何より贔屓にして頂いているお客様を混乱させてはイケマセンから^^;やっぱりこのままで行こうと思っています(^_-)-☆

| | コメント (2)
|

続 サーバートラブル

基本的に週末にはPCに触らないようにしているのですが、今週はコトがコトだけに、気になって状況を見ています。
とりあえず、緊急告知ですので、BBS&Blogのレスは、後日にさせて下さいm(__)m
(落ち着いてレスをつけられる精神状態ではないのです^^;;;)

BBS、Blogへ書き込みして下さった方々、心配してメールを送って下さった方々、本当にありがとうございますm(__)m

こちらの時間の夕べ〜今朝にかけても、状況は全く改善されておりません。
ジオシティお助け掲示板によると(読んでいても、素人にはわからない専門用語だらけで・・)かいつまんで私なりに理解した所、どうやらジオシティ側でDNSを変更したそうなのですが、新しい番号?へ対応できていないプロバイダ側の問題だとジオ側は主張しているそうです。

苦情メールを送っても『こちらでは見られるので、あとはお客様個人個人でプロバイダへお問い合わせ下さい』だとか(怒)

海外の小さなプロバイダで接続している、私のような環境のものはどうしろ??と言うのよ(^_^;)

あとは、自分のPCのプロキシ設定を変更すれば、一時的には見られるそうですが、他のサーバー元のサイトは現状でも見られるわけですから、ジオのサイトを見る時には、いちいち変えなきゃいけない・・というわけ。

???

これって、おかしいと思いませんか?

自分だけが自分のHPを見られないのならば、最悪の場合はサーバーの引越・・という手もありますが、他のジオのサイトも見られないのですよ。

DNSを変更するという事前の知らせも全くなく、しかも対策は、一般のユーザーのPCの知識の範囲を超えていると思います。プロキシ設定を変更したり、キャッシュのクリアなどを取って、万が一PC自体が壊れてしまったら、それこそオオゴトですもの。

今後、状況が改善されないようならば、引越も視野に入れておかなきゃな・・と思っています。
(でも、お気に入りのサイトさんが見られないのも辛いわーー;)

| | コメント (0)
|

ジオシティサーバーのトラブル

こちらの時間で昨日の夜から現在に至るまで、私のサイトを含めた『ジオシティ』のサーバーを使用している他のサイトさまに、全く繋がらない状態が続いております。

これは、どうやらジオシティのサーバーの問題らしく、また個々のPC接続環境にもよるようで、仲良しのえうりでぃちぇさんに確認して頂いたところ、えうりでぃちぇさん宅ではOKとのことです。(BBS参照)

ジオシティお助け掲示板によると、特に海外在住者のかたで、繋がりにくい状態が多く報告されているという話ですが、日本国内のかたでも数多くいらっしゃるようです。

それで、今後こういった場合に備えて、主たるサーバー(ジオシティ)以外のサーバーから借りている、BBSや当Blogのリストを作成しました
今後は、こちらへ更新情報やお知らせを記入して行きます。

これを作ったところで、主たる記事のページが見られるわけではないのですが、緊急時の私からの告知と、このBlogやBBSへ、お客様からお知らせして頂くことも可能になります。

当サイトをご贔屓にして頂いていらっしゃるお客様、よろしければ↑のページを単独でブックマークして下さいね。
また、このBlogはBBSや更新情報とは別サーバーで借りているので、これも単独でブックマークして下されば、最悪の場合、この日記だけは読んで頂く事が可能です^^;

実はこのアイディアは、当サイトと相互リンクして頂いている『YUKIのホームページ』さまからヒントを得ました。
YUKIさん、素敵なアイディアをどうもありがとうございましたm(__)m

それにしても、早く復旧して欲しいものですーー;

寒くなってきましたね。何となくせわしい12月ですけど、皆様もよい週末をお送り下さいね。

| | コメント (4)
|

今度はメガネ屋さん

今日の更新は、『ソフト鑑賞記』へ『ヘンゼルとグレーテル』のディスクリストUPと、以前アップした『コジ・ファン・トゥッテ』に一件ディスクを追記しました。

『ヘングレ』は、クリスマス定番の演目ですからね〜〜こういうのも、いつか実演で見てみたいものですね^^

さて、私はメガネ&コンタクトレンズ愛用者ですが、先日のフロリダ旅行の際、メガネの鼻あてがもげて、落っこちてしまいました。
なくても、かけられないことはないのですが、やっぱり不便なので、先日思い切ってこちらの眼鏡屋さんへ修理のお願いに上がりました^^;

いやー、常々感心しますけど、こちらの医療関係従事者の方って、とてもフレンドリーで、気持ちがいいですよね(#^.^#)歯医者さんもそうでしたけど・・
とても丁寧にやって頂けました。

『何か不都合があったら、いつでもいらっしゃいね〜〜(@^^)/~~~』というのは、決まり文句なのでしょうけど、このフレーズを聞くと、気持ちよく帰ってこられますよね(#^.^#)

それで、こちらへ来てからのネット三昧のせいか?!(←夫には『絶対にそう!^^;』と断言されてますけど)今のレンズでは随分と見づらくなってしまったので、ついでにレンズも作り直してもらおうかな〜〜と決心?して、検眼の予約を入れました。
今日がその、診察日だったのです。

これまた丁寧に見てもらえました(#^.^#)
相変らず、相手の言っていることの半分くらいしかわかってなかったのですが^^;

出来上がるまで2週間ほどかかるとのこと。その間、コンタクトオンリーで、メガネナシの生活なのがちょっと辛いところですね^^;

| | コメント (2)
|

誰にも会わない快感

今日の更新はお休みです。
12月に入りましたね〜〜早いですよね(−−;

サンクスギビングの休暇前後は、知り合いに会わない状況が続いておりました。日頃から人間関係の濃さが重荷となっている私としては、こういう状況が続くと、とても快適になります^^;

今日はその静寂が破られる日でした(^_^;)

こういった日の朝は、気分もどんより、「やっぱり、行くの止めようかしら・・」と思ってしまうのですが、えいっ!と思い切って出かけました。

行ってしまえば、特別に不愉快なことがあるわけでもないのですが、とにかく行くまでの『気持ちの持っていき方』は、ホントに憂鬱です(−−;

今月は中旬くらいまでは、あれこれと行事が続きますけど、冬休みに入ったら・・あな恐ろしや。

また、『誰にも会わない快感』を得てしまいそうで^^;;;

さて戯言は置いておき、今日は今から餃子を作りまーす^^!

| | コメント (0)
|

一年ぶりの海の景色

今日の更新は、【Gute Reise!】のアメリカンな遊び場に、先日行ってきた 【フロリダ州・セントピータースバーグ】 をUPしました。

写真と合わせて楽しんで頂ければ何よりです。

ついでに、トップページの写真も入れ替えました。
クリスマスカラーに変更したのに、ミスマッチな感もありますけど(^_^;)
暖かいところ+クリスマスって、イメージが湧き難いですよね。ビーチ周辺でもデコレーションしてあったんですけど、どうもね〜〜(笑)

オーランド(ウォルトディズニー・ワールドリゾートのある都市・駐在員憧れの地でもある?!)なんかは、凄いんでしょうね・・きっと。

ちなみにセントピータースバーグ、今回の旅では『日本人遭遇率ゼロ』でした^^;たまたま、めぐり合わなかっただけかもしれませんけどね。実は自慢だったりして^^;;;

少し変わったところへ行ってみたい・・という方には、オススメです(*^_^*)

飛行機ですと、対岸のタンパ国際空港(Tampa・フロリダ西海岸では最大の街で、NYヤンキースがキャンプを張るところとしても有名だとか)へ・・ということになると思います。
日本からの直行便はないと思いますが、乗り継いで行くことは充分可能です^^

どちらかというと『海よりも山』派なので、ビーチ目的の旅行というのは珍しいのですけど、暖かかったですし、行ってよかったです・・胃が疲れちゃったけど!

何しろ、海を見たのは一年ぶりでしたもの^^;

| | コメント (6)
|

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »