« ちょっとずつ再開します&ドン・ジョヴァンニ@ベルリン国立歌劇場来日公演 初日 | トップページ | ざーっと感想@ドン・ジョヴァンニベルリン国立歌劇場来日公演最終日 »

ローマン・トレーケル(バリトン)&原田英代(ピアノ) シューベルト歌曲リサイタル

ベルリン国立歌劇場来日公演 《ドン・ジョヴァンニ》マゼットf(^_^;)の回復具合も気になるところですが(NBSの最新情報によれば、昨日はヴィノグラドフが歌ったみたいですね…)昨日はしっかり浮気して(笑)そのDG@東京文化会館と全く同じ開演時間だった、別の《麗しきリンデンの男達》のひとり、ローマン・トレーケル(Br)のリートコンサートへ行って来ました。

こちらも直前まで、自分の都合がつくかどうかの検討がつかなかったので、ギリギリまで粘っていたら、4日ほど前にイープラスで(席は選べないけど)嬉しい半額チケットが発売されていたので即決。元々8000円 ⇒ 4000円の、「お財布に優しい芸術の秋」でした(^^;

トレーケルを生で聴くのは2度目。最初は本拠地リンデンでの《魔笛》のパパゲーノでした。
リート歌手としても、かなり評価が高いのと、CDが比較的安価で入手できたこともあって、一度リートでじっくりと聴いてみたい!と思っていたところ、この秋のリンデン引越公演@《トリスタン》のクルヴェナールでの来日に合わせてのコンサートです。

よくよく調べてみると、山口県宇部市岡山県倉敷市群馬県高崎市(これは《冬の旅》…可能ならば、こっちにも行ってみたかった!)でも歌っていたようです。

***********************

ローマン・トレーケル(バリトン)&原田英代(ピアノ) シューベルト歌曲リサイタル@浜離宮朝日ホール
9月30日 15:00~

プログラム
「白鳥の歌」D957より 10曲
10 Lieder aus "Schwanengesang"

漁師の娘   Das Fischermadchen
海辺で    Am Meer
都会     Die Stadt
彼女の絵姿  Ihr Bild
アトラス   Der Atlas

愛のたより  Liebesbotschaft
セレナード  Standchen
遠い国で   In der Ferne
わが宿    Aufenthalt
別れ     Abschied

-休憩15分-

名歌曲集  Ausgewahlte Lieder

鱒       Die Forelle
漁師気質    Fischerweise
月に寄す    An den Mond
海の静けさ   Meeres Stille
小人      Der Zwerg

さすらい人   Der Wanderer
君こそわが憩い Du bist die Ruh
夜と夢     Nacht und Traume
水の上に歌う  Auf dem Wasser zu singen
魔王      Erlkonig

-アンコール-
音楽に寄せて An die Musik
菩提樹    Der Lindenbaum

***********************

関心はあれども、な~かなか雑念が多くて、心穏やかにリートを楽しもう♪という境地に達せず《白鳥の歌》も、聴いて瞬時にわかるのは「アトラス」「セレナード」くらいでしょうか(^^;

ですので、どれがどうのこうの、という感想はとても書けませんので、簡単に…

最初の方は、ちょっと声が篭り気味(ピアノも篭って聴こえたので、ホールのせいかも…)かな?と思っていたんですが、徐々に調子が上がってきました。

特に後半、名歌曲集の、さらに後半5曲「さすらい人」~以後がよかったです。一番心に染みたのは、「君こそわが憩い」。
調子のいい時の彼の弱声は、なかなか色っぽくて…
曲調とその声色がぴったりしていて、かなりグラついたかもf(^^ゞ
やっぱり、この人の声も好きな声だわ、と、しっかり浮気してました(笑)

服装はパッと見、濃いグレーのセーターにロングコートを羽織っているかのような、軽装…に見えたんですが、よ~く見ると、同じ色のシャツ+ベスト(ネクタイしてたかどうかは、判別つかず)+丈の長いコートのようなジャケット?でした。背が高いので、ロング丈、似合いますね(*^_^*)

終演後、サイン会もやっていました。もらいませんでしたけど(^^;ちょっと様子を窺ってみたら"Thank you"って感じで口が動いていたので、英語でオハナシしていたのかな。

安価なお値段で、しっかり楽しめたコンサートでした。

***トレーケルのリートCD***

幾つか出ていますが、個人的に気に入っているのが《ヴォルフ/メーリケ歌曲集》と《冬の旅》です。特にヴォルフは、こういう音符の多い作品のほうが好き…という私自身の嗜好もある為、よく聴いています。

|
|

« ちょっとずつ再開します&ドン・ジョヴァンニ@ベルリン国立歌劇場来日公演 初日 | トップページ | ざーっと感想@ドン・ジョヴァンニベルリン国立歌劇場来日公演最終日 »

オペラ以外のクラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

トレーケル、今回何故か中部はすっ飛ばしてるんですよね。宗次ホールとかでリサイタルやってくれれば飛んでいくのにな~と思いながら読みました。「冬の旅」もいいですが、プログラム後半の名曲集もいいじゃないですか!私も「君こそわが憩い」大好きなので、ヴァラリンさんが羨ましいですー。リートもしばらく生で聞いていないので、来年2月のゲルハーヘルのリサイタル(名古屋にも来ます^^)には行こうかしら。


投稿: Sardanapalus | 2007/10/02 01:10

サルダナさん:

こちらにも食いついて下さって、ありがとうございます(^^)

> トレーケル、今回何故か中部はすっ飛ばしてるんですよね。

私も書きながら、同じ事を思っていました(笑)

4000円であれだけ聴ければ、御の字です。
私はそういう風で、いつまで経っても「冬の旅」から先に進めないでいたんですけど、こういうのがきっかけになって、聴けるようになるといいなぁという思いもあって。

> ゲルハーヘルのリサイタル

来るみたいですね。名前だけは知っていたんですが、先日BSでザルツの【魔笛】のパパゲーノがお初でした。いい声(^^)

ゲルネも来日していたみたいですし、日本ではリートも密かに人気ありますから、歌手も喜んでリサイタルに来るのかもしれませんね。

ブラッハマンもリート歌いますから、そのうち来てくれるかも(笑)

投稿: ヴァランシエンヌ | 2007/10/02 21:36

トレーケルのリサイタル、行ってみたかったです。

素敵なプログラムで、
特に後半は、私でも知っている曲があります(^^)。

浜離宮朝日ホールは。知り合いの方が歌うバッハのコンサートで
何度か行きましたが、なかなか響きがいいですよね(^^)

投稿: Belle de Nuit | 2007/10/08 14:46

Belle de Nuitさん:

リート、なかなかじっくりと腰を据えて聴く機会がないんですが、ああいうホールで聴くリサイタルも、いいものですね(#^.^#)
財布にも優しいですし(笑)

投稿: ヴァランシエンヌ | 2007/10/09 19:48

今日は私にとって来日ベルリン最後の「トリスタン」でした。
前回は神奈川県民ホール・今日はNHKホールでした。NHKホールは広いと言うことで期待しないで行きましたら、何と今日のほうが良かったと思います。
ひょっとして、神奈川県民ホールの方が舞台上は広い?
何故かと申しますと、歌手が舞台の前のほうで歌っているからです。セットが、ギリギリでした。だから、声が良く聞こえたと言えるかもしれません。また、オケボックスが違いますか?オケの編成までは数えていなかったのですが、今日のほうが、下に沈んでいるので、歌手の声が、オケの上を飛び越えたからか、全員よく通ってきたように思います。
でも流石、パペは何処で歌っても良く通ります。
パペのドイツ物は、唸りますね。
いつかいつか、絶対に、トレケルがもっと歌うものを見に「ベルリン」へ行きたいです。私は、1旅行1往復の飛行機しかだめなので、鉄道で、ベルリンへ向かうことになります。そうすると、ベルリンに数日いないと疲れますでしょう?
ベルリンでは、1滞在で、「国立オペラ」「ベルリンフィル」が、1回ずつ見れるのでしょうか?音楽が毎日あるとmore betterです。そして帰りは、ドレスデン・レーゲンスブルグ(ここの少年合唱隊大好き)・ミュンヘンで帰国。
やはり、12日くらい必要かな・・・。
ロシア出身の31歳のマゼットさん、ひょっとしてホロ様とお知り合いか??なんて興味があったので新国「カルメン」の日曜日に行ってみようとしましたら、まぁ、売り切れ。凄く人気なんですね。最近の新国は!!
いいな~!!1年に2度も日本でお目当てさんに会えるなんて。全部行ったら、何度会えますか?
流石の私でも全部は参りませんでしょうが^^。

投稿: ゆみゆみ | 2007/10/17 23:12

ゆみゆみさん:

昨日の【トリスタン】最終日に行かれたのですね。
神奈川県民ホールは行った事がないので、ホールの感じはわからないんですけど、NHKホールでよく聴こえたということは、それならそれで満足!ですよね(^^)v

> パペのドイツ物は、唸りますね。

今回のマルケ王、どこででも絶賛ですね。DGのマッティとパペの二人が、今回の来日公演での人気を二分している感がありますね。
(実は、リンデン来日期間に入ってから,この二人で検索に引っかかっていらっしゃる方が圧倒的に多いです^^;)

> ベルリンでは、1滞在で、「国立オペラ」「ベルリンフィル」が、1回ずつ見れるのでしょうか?

時期によっては1滞在で1回ずつ、なんてけち臭い状況じゃないですよ(^^!
冬場はホント、毎日どこかしらで何かをやってますから「あっちもいいけど、こっちもいいなぁ」なぁんて、よりどりみどりです。

オペラ座は来日中の「国立オペラ」の他に「ベルリン・ドイツオペラ」「コーミッシェオパー」の3つ、オケもベルリンフィル以外にも放送交響楽団やらなにやら、沢山あります。

一昨年の冬は、10日間の滞在中、昼間は美術館、博物館、夜はオペラ…と、殆ど毎日のように出かけましたが、その年は雪も多くて寒いし、さすがに疲れました(^^; 
真剣に見聞きすればするほど、体力も消耗しますが、退屈することはないと思います。

もちろん、ドレスデンでのオペラもいいですよ~~建物だけでも一見の価値あり!ですしね。

> レーゲンスブルグ

懐かしいです(^o^) 車で立ち寄ったことがあります。アテネの神殿を模して作ったヴァルハラ神殿というのがあるんですが、そこからの眺めがとても印象的でした。

*******************************

> ロシア出身の31歳のマゼットさん

気にかけて下さってありがとうございます(^^;
そういえば、ホロさんのヴェルディのアリア集…ゆみゆみさんなら、もしかしたらお持ちではないでしょうか?
これ↓です。
http://homepage2.nifty.com/valencienne/collection-01.htm

ここでホロさんの歌うルーナ伯爵の従僕・フェランドで、ほんのひと声ふた声ですが、出てます(^^; もしお持ちでしたら、確認してみて下さいね。

> 新国「カルメン」

最近の新国は、土日のマチネ公演は売れ行きがいいみたいですよ~~二度ある平日の夜の公演には、若干空席があるみたいです。こちらの方が狙い目かも。

> 1年に2度も日本でお目当てさんに会えるなんて。全部行ったら、何度会えますか?

物理的には、マゼットの1回を含めて合計7回…ってことに、なりますが、その為には:

・彼にもう一度、日本にちゃんと来てもらって
・今度は体調管理に気をつけて
・全公演、キャンセルしないで歌ってね♪ オネガイッ…(*゚。゚)m。★.::・'゜☆

というところですが、私が何回行くのかは、想像にお任せします(笑)

投稿: ヴァランシエンヌ | 2007/10/18 11:05

ヴァランシエンヌさん!!お疲れなのに、コメントありがとうございました。
7年ぶりに「オネーギン」で、偶然ホロ様に再会したとき、PCの掲示板で、色々情報をいただいたり、お話させていただいたりして、とても楽しい思いをしたのと同じように今回、ヴァランシエンヌさんに話を聞いていただき大変ありがたかったです。夢のような3週間も過ぎ、また、平穏な日常を取り戻さなくは・・。
仕事場への行き帰り、ホロ様・マッティ・マッティ・ホロ様と、CDを聴いています。マッティの歌声を聴くと、胸がドキドキします。こんなことは初めてです。ホロ様のお声では、私が天使になってフワフワの雲の上でうっとり音楽を聞いているそんな気持ちになります。どちらも、大好き。
これから2人を追いかけるには、資金の調達をせねばなりません。暫くは仕事に励みましょう。
マッティの情報がありましたら、よろしくお願いいたします。そして何処かで、ヴィノ様の公演にも行き当たればうれしいです。どうぞ、11月は楽しんでくださいね!!

投稿: ゆみゆみ | 2007/10/19 14:31

ゆみゆみさん:

こちらこそ、詳しくお話して下さって、とても楽しかったです(^^)

大好きな歌手の歌声を聴いてドキドキしたり、うっとりしたり…
対象に違いこそあれ、感じている根っこの部分はきっと同じでしょうから、そういった想いやお気持ちをおしゃべりして、楽しくなって頂けるのならば、こういう場を設けているものとしては本望ですし、不定期でも、ブログ再開した甲斐があるというものです。
こういったお言葉は、胸に染みます(笑) ありがとうございます。

> これから2人を追いかけるには、資金の調達をせねばなりません。暫くは仕事に励みましょう。

私も同じです(^^; でも励みになりますし「頑張ろう」って気になれますよね。

縁あってマッティも2回堪能できましたし、私もこれから気をつけて情報見てみますね。

> そして何処かで、ヴィノ様の公演にも行き当たればうれしいです。

そう仰って頂けると、私も本当に嬉しいです。
今回、ゆみゆみさんがマゼットもきちんと見ていて下さってて、お話して下さった事、忘れないと思います。ありがとうございました。

あまり大したことは書けませんが、基本的におしゃべりは大歓迎ですので、またいつでもいらして下さいね。
そして11月の末から、再び蕩けている(であろうことを祈っているんですが^^;)私をつつきにいらして下されば、嬉しく思います(~_~;)

投稿: ヴァランシエンヌ | 2007/10/19 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとずつ再開します&ドン・ジョヴァンニ@ベルリン国立歌劇場来日公演 初日 | トップページ | ざーっと感想@ドン・ジョヴァンニベルリン国立歌劇場来日公演最終日 »