« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

4月下旬の近況報告 もくじ

もう、毎日どころか一ヶ月に2、3回の更新になっているので、最近の近況をまとめて報告しておきます。一週間に一度くらいのペースで書きたいんですけど;

「書きたい気分の時に、だだーっとまとめて書いて、また間を開けて…でもいいんじゃない?」

という、書き物の神様のささやきが聞こえるのでwinkこんな感じで、当面やっていこうかと思ってます(^^ゞ

免許証の書き換え
やっと携帯を買い換えました
祝・お里帰り公演

コメントは各記事にて、お願いしますpencil

 

| | コメント (0)
|

免許証の書き換え

更新お知らせのハガキがやってきて「あ、そういえば今年は更新だった」と思い出しました。

普段から身分証明書としてお財布に入れてあるものの、機会がないと、しげしげと眺めるものでもなく。
滅多に運転しないのが幸いして?!一応優良ドライバーcarとして(笑)5年間有効の免許証ですが、この「5年」という歳月…決して短いわけではなく。

あらためて意識して眺めると「はぁ~~やっぱり、気分だけは若いつもりでも、それなりに年は取ってるよねぇ…shock」と、しみじみ実感しました。

そもそも、免許証の写真というもの、まともに満足に撮ってもらった例がなく(これ、多くの方がそうだと思うんですけどcoldsweats01 試しに職場で話題に出したら「うんうん!!」という意見が圧倒的(笑))

こうなったら「いかに美人に撮ってもらえるか」に心血を注ぐべく、最近職場でも話題の?!「田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付) 10年前の顔になる」を予約。

…しかーし、人気がある本で、順番が一向に回ってこないーー;

この分では期日までに間に合いそうにない、と諦め、仕方なく今の顔の状態で、更新に臨みましたgawk

続きを読む "免許証の書き換え"

| | コメント (0)
|

やっと携帯を買い換えました

Keitai02 帰国以来、2年間ちまちまと、プリペイド式の携帯mobilephoneを使ってきました。
電話機能は殆ど「ポータブル公衆電話」程度の使い方しかしませんが、ちょっとしたメールのやりとりには、即時性の高い携帯のメールがやっぱり便利。頻度が高くなるにつれ、さすがに小さな液晶画面には限界を感じ始めていました。

(2年もプリペイドをちまちま使っていたくらいですから)どの機種がカッコいいとか、最新の機能がどうのこうの、なーんてことには殆ど拘りもなかったんですが、昨年末にD社が「905iシリーズ」という、世界中(日本人の渡航先90%のエリアをカバー)どこでも、同じ番号、アドレスで電話もメールもオッケーという種類のを出して以来、気になってしょうがない。

海外で使えるって言ったって、そんなにしょっちゅう行くわけじゃないんですけど、どうせ買い換えるならば、納得の行くものにしたい。ということで、カタログを見ていて、ピピッと来たN905iμに食指が。

散々迷った挙句、とあるお休みの日に、ヨ●バシカメラへ行き、売り子のお姉さんに色々説明を受けて「外国でもフツーに使えるんですよね?」と念押しして、いざ契約をば。

続きを読む "やっと携帯を買い換えました"

| | コメント (0)
|

祝・お里帰り公演

Photoclip41a 「4月下旬には、ボリショイでエスカミーリョだよ。すごく楽しみにしているんだ」
「あなたの故郷だものねheart04
「そう。僕がデビューした劇場でもあるしね」

「エスカミーリョはあんまり好きじゃない」と言っているものの、最近のアレクサンドル・ヴィノグラドフは、この役を歌う機会が多く(日本でも歌ったし^^)暫くの間は、この役を歌う彼を楽しませてもらえそう♪と、私も話を聞いた時から、とっても楽しみにしていた、ボリショイ劇場でのカルメン@エスカミーリョ

彼は’98に、この劇場でデビューしています。彼にとっては久しぶりの故郷・モスクワでの公演です。さて今度は、どんな闘牛士かしら?

プレスフォトを見た瞬間

「あああっ、ま、またこの人は…私をツンデレモードにさせる気満々じゃないのぉぉっ(^^;;;」

な、毎度お馴染みのパターンに(*vv

続きを読む "祝・お里帰り公演"

| | コメント (2)
|

《ルイザ・ミラー》2006年フェニーチェ DVD

気がついたら、一ヶ月以上放置してました(^^ゞ

アクセス解析したら、マメに覗いて下さっている方もいるようで…またもや更新がストップしてしまったこと、心苦しく思ってます。元気にしておりますので、心配しないで下さいねhappy01

たま~~の記事がこんなのばっかりで、恐縮ですけどcoldsweats01

**************************

Lmfenicedvd_2 今年1月下旬に、ヨーロッパで先行して発売されましたが、4月に入ってやっと、日本でも発売されました。一応、アレクサンドル・ヴィノグラドフの出演している正規盤DVDは、これが初めてなので、楽しみに予約を入れてましたcoldsweats01
ざっとのつもりが、かなり長くなってしまった感想です。

●同じプロダクションで、3つのメディアが手元に…

最初に聴いたのが、2年前にライブ放送されたときにリアルタイムで頑張って聴いた、修正・編集一切なしバージョン。それまで殆ど馴染みがなかった作品だったけど、一応夜中の放送に向けて、図書館からマゼール盤を借りてきて、一通り聴いておきました。だってヴァルター伯爵が何処で出るかくらいは把握しておきたかったですしね。

やっぱりあんまり面白くないなぁ…というのが、借りてきたCDの感想。

そんな感じで(あまり期待せずに)放送を聴いたら、意外と面白くて、睡魔にも負けずに頑張れた。伯爵ってけっこう歌うところあるのね、って感じ?

次に聴いたのが、去年5月に発売されたCD。これが…
序曲の勢いからして、イマイチ乗り切れてないというか、大事に行き過ぎているという感じで。編集しちゃったが故、音楽の勢いが死んでしまったかのような感じ…かな。

で、上演から2年経ってのDVD発売。ということで、同じプロダクションなのに、3つのメディアが手元にある、という。。。幸せといえば、幸せ…かなぁ。

続きを読む "《ルイザ・ミラー》2006年フェニーチェ DVD"

| | コメント (4)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »