« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

祝・ロールデビュー@セリム

「6月にはシュターツオパーで初めてのセリムねheart04
「うん、クリスティーネ・シェーファーとの共演は、とても楽しみにしているんだ」
「えっとね、ごめんなさい^^; あなたがロッシーニに力を入れているのは知っているんだけど、私、ロッシーニはあんまり好きじゃないのよ(^_^;)」
「あはは(笑) そう言う人は多いよ。でもね、とっても楽しいんだよ」
「だけど、セリムは若い男の人の役じゃないでしょ?」
「でも老人じゃないよ。彼は初恋を忘れられないでいる、ロマンチストなんだから」
「…ふふふ」

******************

ベルリン国立歌劇場でのSelimlinden200801a《イタリアのトルコ人》のセリム。

この役を彼は、すっごく楽しみにしていて、私も
「あんな風に言われちゃったら、食わず嫌いのロッシーニもお勉強して、6月には久々にベルリンに行かなきゃねairplane
と、思ったものの…

続きを読む "祝・ロールデビュー@セリム"

| | コメント (14)
|

カルメン@新国立劇場 全曲放送 on NHK BSハイビジョンウィークエンドシアター

Esca2007nnt01 昨年冬、劇場に通い詰めた6回全ての実演ハイライト放送に加えて、まだ書くのか?!という声も聞こえてきそうですが
(あ、アト一回、FM放送がありますね…こうなったら、この録音にもチャレンジしてみようかなぁ)一応、一区切りということで。

(注:毎度ですが、デレモード炸裂しているので、読んでくださる方は、胸焼けを覚悟して読んで下さいpaper

いやはや。あの公演から、もう半年経ったんだなあ、と思うと、感慨深いです。

2月のハイライト放送は、放送時間2時間の枠を目いっぱい使ってあって、割と無理なく繋いであったので
「あれで充分といえば、充分なのよね」とも思っていたんですが、やっぱり通して見ると
「ポピュラーすぎて、つい軽く見てしまいがちのこの作品にも、無駄なところはないんだなあ」と思えたり。。。

そして、ハイライトではカットされてしまった(アクションがもたつくだの、転がり方がイマイチだの、散々悪態をついていたけど、待ってたの(笑))
heartホセとエスカミーリョの決闘シーンheart

ハイライトの感想
《まあ、つけたしのような部分とはいえ、あるのとないのだと、あの直後…ミカエラがホセを迎えに来て一騒動 ⇒ 「俺は一旦立ち去るが、また来るぞ」のくだりに、今ひとつ説得力がないような気もしました》

と書きましたが、実演から半年振りにこのシーンを見返してみて、改めてその想いを強くしました。

続きを読む "カルメン@新国立劇場 全曲放送 on NHK BSハイビジョンウィークエンドシアター"

| | コメント (12)
|

カルメン@新国立劇場 BS-hi&NHK-FMで放送します…(*^^*)

★6月7日:放送日なので、上げておきます(笑)upハイライト時の感想はこちら

★5月23日:NHK-FMでの放送予定を追記しました。こちら にも掲載しています。

★5月31日:6月7日のBSハイビジョンでの放送の詳細が、NHKのHPに出たので、追記しておきます。

こちらのコメント欄で、嬉しい情報を頂きましたconfident

(娑羅さん、いつもありがとうございます^^ 感謝!)

・・・upcoming broadcast・・・

6月7日(土) 21:00 ~ 11:56(176分)
June 7(Sat) 21:00-11:56

(第一部:21時05分30秒~22時43分00秒,
第二部:22時47分00秒~23時56分00秒)

ハイビジョン ウィークエンド シアター(NHK-BS hivision TV)

6月22日(日)14:00-18:00(NHK-FM Radio)
June 22(Sun)14:00-18:00
(Web版「ぶらあぼ」より)

新国立劇場 公演  歌劇「カルメン」

*詳細*
ハイビジョンウィークエンドシアターの番組表より転載:「6月」をクリック

フランス・オペラの傑作、ビゼー作曲「カルメン」。 独特なリズムを持つ「ハバネラ」や情熱的な「闘牛士の歌」、 スペイン情緒あふれる「アラゴネーズ」など名曲満載のこの作品を放送する。 指揮はウィーン国立歌劇場やバイエルン国立歌劇場、ロイヤル・オペラなど 世界の一流歌劇場でタクトを振るジャック・デラコート。
ソリストにはカルメン役を得意とするマドリード出身のメゾ・ソプラノ、マリア・ホセ・モンティエル、 ユーゴスラビア出身の実力派テノール、ゾラン・トドロヴィッチらが迎えられ注目を集めた。

カルメン : マリア・ホセ・モンティエル
Carmen : Maria Jose Montiel
ホセ : ゾラン・トドロヴィッチ
Don Jose : Zoran Todorovich
エスカミーリョ : アレクサンダー・ヴィノグラドフ
Escamillo : Alexander Vinogradov

(WebTV番組表では「アレキサンダー・ビノグラドフ」という表記も見受けられるので、一応書いておきます^^;)

ミカエラ : 大村 博美
Micaela : Omura Hiromi

合唱 : 新国立劇場合唱団
Chorus : New National Theatre Chorus
管弦楽 : 東京フィルハーモニー交響楽団
Orchestra : Tokyo Philharmonic Orchestra
指 揮 : ジャック・デラコート
Cond.:Jacques Delacote
演 出 : 鵜山 仁
Production: Hitoshi Uyama

[ 収録: 2007年12月6日/9日, 新国立劇場 ]

続きを読む "カルメン@新国立劇場 BS-hi&NHK-FMで放送します…(*^^*)"

| | コメント (4)
|

お色直し+更新しました

久しぶりに可愛らしいリッチテンプレートを見つけたので、気分転換にお色直ししました。ブログもHPも(途中でお休みもしましたけど)長いことやってきてますが、多分、バックが青+白い文字…という組み合わせは初めてだと思います。

暖色系やパッション系の色のほうが本当は好きですけど、この羊があまりにも可愛かったのでheart04
暫くこれで行こうと思います。

ついでに、自分が携帯mobilephoneを新しく買い換えたから…というわけじゃないんですけどcoldsweats01

携帯からアクセスできるQRコードと「携帯メールで更新チェック」というブログパーツを貼ってみました。

携帯のメアドを登録してもらえば、このブログを更新した時(滅多に更新しないですけどwobbly)に、お知らせデコメmailtoが届きます。私のほうへは、登録したメアドは一切わからない仕組みになってます。宜しければ、ご利用下さい。

えー、アレクサンダー・ヴィノグラドフ(引き続きNHKの表記に合わせて、こう書いてみるw)のお部屋の、更新情報は…

続きを読む "お色直し+更新しました"

| | コメント (2)
|

梅酒作り+一歩前進

200865umeshu01 久しぶりに今年は、梅酒を仕込みました。

最後に作ったのは、2002年かな。結婚以来毎年仕込んでいたんですけど、翌年の同じ時期には、アメリカに行くことが決まっていたので、持って行くのが大変だからと、作るのを控え、

アメリカ時代は、クランベリーとウォッカ、とかいう組み合わせで作ってみたりもしたんですが、何となくピンと来なくて
帰国した2006年は帰国症候群coldsweats01で、何にもやる気が起きずに見送り、去年はぼんやりしていたら、いつの間にか梅が店頭から消えてしまったので(^^ゞ

今年も、先週あたりからそろそろ見かけていて
「あ、今年こそはやらなくちゃwobbly
と思ったんですが、昨日、今日の梅は、先週土曜の梅よりも、多少赤くなりかけているものが多くて、ホントにぼんやりしていたら、今年もしそこねてしまうところでした。大して面倒な作業でもないのに(^^ゞ

3ヶ月後頃から飲めるんですが、一年ぐらい置いておいたほうが、味わい深くなりますね。梅酒は飲むのも好きですが、お料理に使うのも好きです。
楽しみheart04

それから…

続きを読む "梅酒作り+一歩前進"

| | コメント (0)
|

コピーワンスの意味がようやくわかった

DVDレコーダーが出始めの頃、

・松下&東芝組のDVD-RAM
・ソニー、シャープ、パイオニア組 のDVD-RW (次世代DVDではこっちの勝ちですね、それがブルーレイ)


という振り分けになっていたと思います。

最近のデッキは、RAMでもRWでもどちらでも再生OKだと思いますけど、我が家のは、DVDに録画可能になった始めの頃の、東芝の古いDVDレコーダーですので(買ったのは2002年の冬)DVD-RAMと、DVD-Rしか再生できません。
そして、地デジにも対応していないので(^_^;)今では録画もできません。

BSハイビジョンでの《カルメン@新国》の放送に合わせて買い換えようか、どうしようかと迷いつつ、滅多に録画なんてしないんだから、、2月のハイライト放送@地上波での時同様、職場の同僚にDVD-Rに録画してもらおうと思って、もう一度お願いすることにしました。

彼女のデッキは松下製なので、DVDーRAMで録画可能 ⇒ でもハイビジョンは、コピーワンスの関係で、DVD-RAMにしか落とせないんですよーー;というお返事が。
まあ、RAMでも再生できるから大丈夫か、と思って、そのままお願いすることに。

しかし、念のためにDVDRにも落としておきたいし、一応保険を兼ねて、もう一人頼んでおくか、と、友人にお願いすると

「DVD-RWに直接録画することになるけど、いいよ」

という返事が。

…え?(゚∇゚ ;)

なんで?ハイビジョンって、DVDRには落とせないの?!
という疑問が湧いて、慌てて検索して調べてみました。

そして、今更ながら、やっとおぼろげに「コピーワンス」がどういう意味なのかが、私なりに少しわかったので、まとめておきます。

(詳しい方のフォローが頂けると、尚嬉しかったりhappy01

続きを読む "コピーワンスの意味がようやくわかった"

| | コメント (8)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »