« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

マイスタージンガー バイロイト2008

今やすっかり、ヴィノヲタheart04として(いやんvv←勝手に言ってろ)

ラブリーな話題lovelyの提供を中心とし、この一年、一番熱く語ったオペラは、多分カルメン…という私ですが、本来好きなのは、ワーグナーをはじめとするドイツオペラ。中でもマイスタージンガーは、私がオペラを聴くきっかけになった作品ですので、愛着があります。

かなり前になりますが、こんな記事も書いてます。

・ヴァランシエンヌ的マイスタージンガーの楽しみ その1 その2

しまさんの御宅で《バイロイトのマイスタージンガー》が話題になっていたので、時差を気にせずに聴けるバルトークラジオのアーカイブを、聴いてみました。
多分、今度の日曜日までは、こちらの番組表から聴けると思います。vasarnapをクリックして下さい。

演奏は、まずまず。
まあ、好きな作品ですし、古い録音もたくさん聴いていますから、色々言い始めるとキリがないんですけど、ここでそういうのと比較するのは、ヤ・ボというものhappy01
現代には、現代に合致した演奏スタイルがしっくり来る…というものです。

続きを読む "マイスタージンガー バイロイト2008"

| | コメント (6)
|

4周年、ありがとうございます

Weblogimage001 …って、本当は昨日でしたcoldsweats01

そろそろだよな~~と思っていたんですが(昨日も一日中おうちにいて、PCpc弄繰り回していたにも関わらず^^;)完全に今日だと勘違いしてました(^^ゞ

メインサイト"Valenciennes Traeumereien"を開いて、ちょうど4年になりました。完全に放置状態、一年以上更新してなかったので、ジオシティのファイルアップ方法って、どんなんだっけ?と、戸惑ってしまうほどcoldsweats02

今の所、このサイトを更新する余裕も予定もないので、このまま資料置き場として残しておきつつ、凍結宣言のご報告です。

情報、特に旅行関係はかなり、古くなっているので、思い切ってばっさり減らしてしまおうか?とも思ったんですが、それはそれで、残しておいていいかな、と。これも記録ですしね。

続きを読む "4周年、ありがとうございます"

| | コメント (10)
|

暑い1日…

20080726

いやはや。梅雨明けの10日間くらいが一年で一番暑い時期だとすれば、週末としては、今週が一番のピークかもしれませんね。

特に行くあてもなく、適当にドライブcar
一度行ってみたかった半島まで、足を伸ばしてみました。

カメラを持ってなかったので、今日は携帯のカメラでパチリ。
でも、結構いい感じで撮れたかも。

原油価格の高騰のせいか、週末でも、明らかに車が減っているな…と感じます。海辺でも、殆ど渋滞しませんでした。。

我が家も車に乗る回数が、ぐっと減りましたしcoldsweats01

暑くて寝苦しい夜nightが続きますが、せめていい夢だけでもみられますようにconfident

| | コメント (0)
|

バスのアリア集

こんなのcd とか こんなのcd が出るよ、と小耳に挟んで「ふぅぅぅん…」と傍観していたんですが、どうも、既に片方は発売されているらしい ⇒ ええと、7月下旬にもう片方も発売されました ⇒ ネットで試し聞きしてみたいわね…と思って、発売元のサイトや、CDショップのサイトを眺めてみても、ぜーんぜん、試聴できないみたい。

⇒⇒⇒ 7月24日追記:ブチブチ愚痴っていたのが聞こえたのか?!アーヴィン・シュロットのオフィシャルサイト(最近オープンしたみたい)で、(全曲ではないけど)聴けます!
こちらのサイトの右上のプレーヤーをクリックしてみてねhappy01

注:もしかしたらIEだけでしか、閲覧できないかも。うちのFirefoxでは、フラッシュが上手く動いてくれなくて、Not foundのエラーメッセージが。

サイトのアドレスは http://www.erwin-schrott.com/ です。上手くリンクされない場合は、こちらを直接アドレスバーにコピペしてみて下さい。ちなみに、フィリッポのアリアは、フランス語版です。

自分でお金払ってまで、買う気はないんだけどcoldsweats01
(って思ってても、もし、ちょっと聴いてみて「あら?結構いい感じじゃん?」と思えば、買う可能性もあり。だから試聴できるようにしておいて欲しいんですけどねぇgawk
ううーん、ちょっと聴いてみたい…という気持ちは日に日にムクムク、出かけたついでに、CDショップを3軒ほどハシゴrunしてみました。

結論。
「やっぱり、バスのアリア集は扱いが地味ねsmile

続きを読む "バスのアリア集"

| | コメント (24)
|

香水、どうやって使ってますか?

素敵な大人女性confidentの必須アイテムとして:

ランジェリーはこの一年、色々数を揃えた。

(お気に入りのインポートブランド、某百貨店での取り扱いを中止するとのお知らせハガキが届いて、ちょっぴりショック…weep
でも、その少し前に、ワンランク上級グレードのブランドに挑戦しましたconfidentその日、呼ばれるようにランジェリーショップに行ったら、とっても素敵な出来事に遭遇したんですがheart04
「今後はこっちも(お財布と相談しながら)少しずつ揃えて行こう+このランジェリーが似合う身体をキープしようlovely」と決心したのも、こういう伏線があったからなのかも…と、これまた不思議な気分)

・顔(←これはアイテムではなく、元々持っているものだけど、極力美しくありたいですしwink)は造顔マッサージで、なんとかなりそう(笑)

この日記事に書いて以来、夜は欠かさずマッサージを続けてます。朝は、休みの日だけですけどcoldsweats01
効果は、あると思います。一番気になっているほうれい線は、なかなか薄くなりませんが(笑) 目の下のクマが多少薄くなってきたのと、顔全体のハリが良くなって、艶も出てきたと思います。肌ざわりもよくなってきましたしscissors

しかーし!何かもの足りない。
もう少し、しっとりした女らしさというか、セクシーさというか、そういうものに欠けているような気がしてたのですが、ある時、友人と香水の話題に(笑)

…そうだ、香水だよ、香水。
私に欠けているのは、多分コレね。

**********************
そもそも香水の種類もそんなに知らないので「好きな香りは?」と言うと、ベタな「シャネルの5番」くらいしか思い浮かびません。

続きを読む "香水、どうやって使ってますか?"

| | コメント (7)
|

キャリア

子供の頃「大人になったら何になりたいか?」「将来の夢は?」と強制的に質問された経験は、誰にでもあると思います。

この質問が、大嫌いでしたweep

訊かれる度に、頭をひねってああだこうだと、(*1)その場しのぎの答えを繰り出し、確固たる確信を持てないまま、地方の文科系短大を卒業し、数年間普通にメーカーでOLをして、20代半ばで結婚退職。

2年ほど、習い事(この頃とっかえひっかえ習い事をしていた中で、一番モノになった…というか、10年以上細々と続いているのが、パン作り)
をしつつ、専業主婦をしていたけど、子供もいないし、そろそろパートに出ようかしらということで、社会復帰のスタートは、CDレンタルショップの店員さん。

人間関係も程よく、そこそこ楽しい職場だったので、このまま暫く続けて行ければいいかな、と思って半年ほど経った矢先、そのお店が閉店することになり、あえなくストップ。

一度働きに出ることに慣れると、家にずっといるのも退屈なので、即職探しだあ…と、次に勤めたのが、家から徒歩10分もかからない近所の歯医者さんでの歯科助手。

畑違いで、やったことのない仕事だったけど、結構楽しくて、何よりも雇い主のドクターがものすごく良い方で、人間関係も良かったので、結果的にはOLとして働いていた期間よりも長く…5年間、アメリカに行く直前まで、ここでお世話になりました。
20代後半~30代前半までのキャリアは、ここが全て、と言えるでしょう。

この歯科医院で働くことが決まる前に、別の職場へ面接に行って断られたことがあります。その時の理由は

続きを読む "キャリア"

| | コメント (6)
|

ルイザ・ミラー@パリ・バスティーユ、再放送します

3月8日にパリ・バスティーユ劇場での上演が生中継された《ルイザ・ミラー》が再放送されます。
この7月、8月中に、なんと3回もhappy02

しかも、そのうちの2回は南半球・ニュージーランドオーストラリアで、ということで、日本在住者にとっては、時差をあまり気にせずに楽しめてしまう、というのが、嬉しいですscissors

先日、BSで全曲放送した、昨年末のカルメン@新国立劇場に出演していたマリア・ホセ・モンティエル(カルメン)とアレクサンダー・ヴィノグラドフ(エスカミーリョ)が再共演しています。カルメンとは作風も全然違いますし、二人とも、カルメンの時とは、歌の雰囲気が違っているので、新たな一面を発見できる…と思いますconfident

ちなみにヴァルター伯爵は、当初イルダール・アブドラザコフの予定だったのですが、急遽ヴィノグラドフが登板。彼がこの役を歌うのは、先日DVDが発売された2006年のフェニーチェでの上演(同じ上演のCDもあります)以来、2回目でした。

急な代役ということで、彼の気分も高揚していたみたいで、いい感じで飛ばしていて、とっても良い出来だったと思います。2年の歳月は大きいなあ…と、感慨深くなっちゃいましたものconfident

現地で観てきた方の情報によると、テレビカメラmovieも入っていたとのことで、そのうち映像も見られるかもしれませんが、とりあえず3回も再放送があることで、ワクワクhappy02

********************

VERDI: Luisa Miller, an opera in three acts
Count Walter...............................Ildar Abdrazakov ⇒ Alexander Vinogradov
Rodolfo....................................... Ramon Vargas
Federica, Duchess of Ostheim...... Maria Jose Montiel
Wurm.......................................... Kwangchul Youn
Miller.......................................... Andrzej Dobber
Luisa........................................... Ana Maria Martinez
Laura.......................................... Elisa Cenni

Paris National Opera Chorus & Orch/Massimo Zanetti (recorded in Opera Bastille, Paris by Radio France)

パリオペラ座(バスティーユ)(3月8日に収録した上演の再放送)
ヴェルディ:ルイザ・ミラー
マッシモ・ザネッティ指揮

ロドルフォ:ラモン・ヴァルガス
ルイザ:アナ・マリア・マルティネス
フェデリーカ:マリア・ホセ・モンティエル
ウルム:クワンチェル・ユン
ミラー:アンドレイ・ドバー
ヴァルター伯爵:イルダール・アブドラザコフ ⇒ アレクサンドル・ヴィノグラドフ

+++++++++++++++++++++++

1)7月13日(日)Radio New Zealand 
日本時間 12:00-14:35 (現地時間 15:00-17:35)

続きを読む "ルイザ・ミラー@パリ・バスティーユ、再放送します"

| | コメント (4)
|

パン焼き+造顔マッサージ

Brot50 早いもので今年も既に半年が経過。多分この後の半年は、もっと早く感じるんでしょうね。

《パン焼きbread
最近は買ってくることが多かったんですが、小麦粉の価格高騰impactで、パン屋さんのパンも軒並み値上がり。確かに小麦粉も値上がりしているけど、パンを買ってくると、もっと高くつくし…ということで、節約の為にも、今後は真面目にパンを焼こうと決心。
タイミングよく親戚から、たまねぎを大量に頂いたので、ベーコンと玉ねぎを炒めて、生地に混ぜて焼いた"Pain a l'Oignon et au Lard"(玉ねぎとベーコンのパン)です。写真だとイマイチな感じですけど(笑) 焼いている間、ベーコンのいい香りがほんのり漂っていて、なんともいい気分でした。

その気になれば、やっぱり「コナアソビ」は楽しいんですけどね(^^ゞ

Zogan 《造顔マッサージ》
さて、4月下旬にちょこっと話題に出した「田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付) 10年前の顔になる」
3月中旬から予約を入れていて、やーっと先日、順番が回ってきました。3ヶ月待ち・・;

私が自分の顔で、気になるところは
◆目eyeの下のクマ
◆ほうれい線
の2つ。
あとは、色黒なので(笑) 全体的なくすみも気になるかな…think

昔は厚化粧をして(えへへ) 目の下にコンシーラーとかも使ってクマを隠していたんですけど、5年前(アメリカ生活を始めた直後)から、ファンデーションは全く塗らなくなりました。
だって化粧直しするのが面倒なんですものcoldsweats01 だったら最初からしないほうがマシという結論に…

ここぞ、という時だけは、リップグロスrougeをつける程度。いやでも「素肌頼り」にならざるを得ないのですcoldsweats01 あ、勿論基礎化粧品(化粧水、クリーム、日焼け止め)は、ちゃんとつけていますよ(^^)v

そんなわけで、
◆特別な器具を使うわけではなく、自分の手paperで出来る
◆一回3分~5分くらいで出来るらしい。
◆即時性も高いらしい。

という、私にとってのツボが押えてあるらしいこの本を、心待ちにしていたのです。

続きを読む "パン焼き+造顔マッサージ"

| | コメント (2)
|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »