« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ロンドン一人旅その3 マイレージチケット+空港でレディースシェービング

今週はもともと、出勤の多い週だったのに、貴重な休日にのっぴきならない用事が入ってしまい、日曜日から6連勤みたいなモードで、ものすごくしんどいんですがcoldsweats01簡単に済みそうなところから、やっつけますwink

≪マイレージチケットって、どうよ?!≫

その1記事でちろっと書きましたが、今回は、マイレージチケットでの旅行でした。
私が貯めているのは、アメリカ時代からの名残のノースウェスト航空。今では、クレジットカードもここのマイルが貯まるものを利用しています。

ノースウェストのマイレージを使ってロンドンへ行こうとすると、KLMオランダ航空か、エールフランス航空になります。

拠点となるのは、アムステルダムかパリの空港。どちらも使ったことがありますが、機能的なのはアムステルダムの方よね~~エールフランスは、飛行機は綺麗だけど、パリの空港はあんまり使い勝手がよくないし、到着時間を調べてみると、KLMを使えば最短で、夕方5時半ごろヒースローに到着できる飛行機があったので、KLMを選択しました。

折にふれて希望の日程で、マイレージを使ったチケットが取れるかどうかを、ノースウェストのサイトでちょこちょことチェックしていましたが、実際に確定させたのは、オペラのチケットを購入した翌日。
必要なのは、ヨーロッパへ行けるだけのマイレージ80000ポイント&手数料の19200円。これは、クレジットカードでの支払いです。

…アレ?今話題の「燃料サーチャージ」はどうなるのよ?!出発が近付いたら、自動的に引き落とされるんだろうか?!とか、いろいろ気をもんでいたのですが、ノースウェストのHPを見ても、よくわからなかったので、出発2週間ほど前に、電話で問い合わせてみたところ

「8月以降に購入された方には、ご負担をお願いしているのですが、お客様がチケットを購入されたのは、7月16日ですから、大丈夫です」とのお返事が。

…ラッキー!!これはホント、助かりました。少しのタイミングで、50000円前後浮かせる事ができましたからね。

この時に問い合わせたことはもうひとつ。最近よく話題になっている「オンライン・チェックイン」について。
マイレージを交換したノースウェストではなく、実際に使うKLMのサイトから、KLMのお客様番号を使ってチェックインできますよ…とのことだったので、KLMのサイトを早速チェック。

出発30時間前(!)から可能だったので、出発日前日の早朝に済ませました。

そして嬉しかったのが、他社のマイレージチケットでも、座席指定がちゃーんとできるのですよ(^^)v
予約をノースウェストのサイトから確定させた時は、通路側か窓側か…の指定だけしかできなかったので、通路側を選択しておきました。
KLMのサイトにアクセスして、私の席を確認してみると、がぁぁぁぁん、窓側になってる(泣)

ダメ元で、まだ空いていた後ろから2列目、通路側…で、お隣2席が空席のところに変更してみると、あっさりok。しかも嬉しいことに、当日、かなり空いていた為、お隣2席は空席のまま…

やったあ\(^o^)/ これで、体を横にして移動できる~~~っairplane

プリンターがあれば、そこでボーディングパスまで出力できるんですが、持ってなくても当日空港で「オンラインでチェックインを済ませています」と伝えれば、スムーズに出してもらえます。預け入れの荷物があればその時に預ければいいし、なければ「ありません」でOK。
(私は、行きは無でしたけど、帰りは荷物が増えた+疲れてたので、キャリーバックは預けちゃいました(笑))

帰国の時には、ホテルで宿泊者は無料で使えるPC(日本語入力はできませんでしたが、チェックインならば、英語サイトからでも充分ですものね)から。この時も張り切って、早起きして出発30時間前にアクセスしたら、既にかなりの席が確定されていて、通路側で空いている席は一つもない。

がぁぁぁぁん…どうしようーー;と、しげしげ座席表を眺めてみると、3-4-3の配置の、4列シートで、一か所だけ隣が空席の内側が空いてました。
まあ、通路側に人が来ても、運が良ければ反対側の隣は空いているかもしれないし、それだけでも随分気が楽だし…ということで、そこに決定。

で、当日…ホントに、行きよりも明らかに多いぞ、という感じ。キャリーバック、預け入れにしておいて良かった…と思いました。どうせいっぱいなんだし、ゆっくり乗り込めばいいや…と思っていたら、頭の上のハッチには、既に荷物がどーんと入っていたんですもの。
通路側は、小柄な外国人女性。よかった、これだけ込み合っていたら、「同性」で「小柄」な人、というだけでもラッキー!と思っていると…

彼女はお連れの男性と離れ離れの席だったのですが、その男性からお呼びがかかり、荷物を持って席を移動。

…え?も、も、もしかして…私、通路側に移動しちゃってもOK?
しかも、4列シートの2列分、自由に使えちゃう??
反対側の通路側に座っていたのは、若い日本人男性でしたが、彼も「こんなに混んでいるのに、僕たちラッキーですよね(笑)」と言わんばかりににっこり。目配せで「じゃあ、2列ずつ使ってしまいましょう」という感じで、お互いに合意。

というわけで、今回、特に飛行機に関しては「ホントにラッキーhappy02」が、いっぱい重なって、気分良かったです(^^)v

≪空港でレディースシェービング≫

帰りのヒースローでは、カフェでお茶japaneseteaを飲むぐらいしかできませんでしたが(感慨に浸ってたせいもありますconfident
行きの成田では、ちょっぴり面白い体験をしてみました。

続きを読む "ロンドン一人旅その3 マイレージチケット+空港でレディースシェービング"

| | コメント (4)
|

ロンドン一人旅その2 大英博物館でアフタヌーンティ&Jette Parker Young Artistsのミニ・リサイタル

順繰りに航空券やホテルのことを書こうかと思ったんですが、今週から公私ともに忙しくなるので(遊んできたツケmoneybagを今から返すってわけです^^!)先に書いておきたいことから、書いていきます。そうしないと、いつまで経っても終わんないので。

旅の目的を、オペラだけにウェイトを置くと(しかも、お目当てはちょい役だし)また振られてしまった時に、立ち直りに時間がかかりそうだ…ということで、せっかくイギリスに行くならば、アフタヌーンティを楽しみたい!と目論んでいたところ、ロンドン在住の椿姫さんがお声をかけて下さり、10月18日、ボエーム最終公演が始まる前に大英博物館のコート・レストランで、アフタヌーンティを楽しんできました。

10月2日、ボエーム公演が始まる前に、観客として「ドン・ジョヴァンニ」の公演に来ていたヴィノグラドフを幕間で激写して下さったご縁で(笑)

「実は、ひそかに旅の計画を練っています」と告白しcoldsweats01幕間にでもご挨拶できれば…と思っていたのですが、4回公演のうち、椿姫さんは前半2回、私は後半2回…と、見事に分かれていた為、私のためにわざわざお時間を作って下さったというわけです。

note椿姫さんのボエーム感想…一日目 二日目

続きを読む "ロンドン一人旅その2 大英博物館でアフタヌーンティ&Jette Parker Young Artistsのミニ・リサイタル"

| | コメント (4)
|

ロンドン一人旅その1 まずは、ロイヤルオペラのチケットゲット

さて今回のロンドン旅行は、10月15日から21日までの、5泊7日。
旅の計画を練り始めたのは、公演が始まり、コッリーネの髭剃りクリーム拭き取り忘れ疑惑(笑)が出て、いても立ってもいられなくなった…からではなく(^_^;)

(いくら私が無謀でも、初の海外一人旅で、そこまでの暴挙はしません^^;;;)

べそべそしながら6月のリンデンでの「イタリアのトルコ人」を断念した頃から「やっぱり、歌ってくれるうちにコッリーネ、聴いておきたいなぁ…」という願望がムクムク湧いてきたのでした。

8月中旬には、夫とのドイツ旅行も控えていたし、「いつか一人で、海外追っかけを」と、パート代から少しずつ貯めていた貯金があったとはいえ、一介のパート主婦に、こんなに期間を詰めての海外旅行は、身の程知らずの贅沢。

どうやって旅費を捻出しようか考えた末、アメリカ時代からの蓄積のおかげで、ヨーロッパへ行くだけのマイルが溜まっていた、航空会社のマイレージを使うことを思い立ちました。

とりあえず、行けそうな日程の航空券をおさえておいて、もしも都合が悪くなったときには、払い戻しも効くとのことでしたが、やはり、オペラのチケットが確保できないことには、落ち着きません。

「ボエーム」のチケット発売は、7月15日。ロイヤルオペラのチケットに関しては、個人のブログでの情報も沢山あります。
密かにお世話になったのは、ロンドン一人旅の私の師匠・しまさんのこちらのページと、元ロンドン在住で、先月もロンドンへ行ってきたばかりのサルダナパルスさんの、こちらのページ
どちらも、だいぶ前の記事ですが、大いに参考にさせて頂きました。

さて当日、仕事からささっと戻ってきて、現地時間10時からの発売時間にHPへ繋ぎました…がっ。

飛ばされたのは、waiting roomというお・部・屋

続きを読む "ロンドン一人旅その1 まずは、ロイヤルオペラのチケットゲット"

| | コメント (14)
|

新しい子導入できました(*^_^*)

Newpcから、お初の投稿ですhappy01
(ったくもう、この物入りのときにpcぶっ壊れるなんて、ひどいわーー; 当然ボーナス一括払いdollar)と言いつつ、さすがにデュアルコア搭載の最新モデルは、速度も速いし、画面もキレイ…で、満足scissors
さっそくブログと「お部屋」の表示を確認してみたり(笑)
新しい子は、NECのLaVieです。前は東芝のDynabookだったんですけど、その最新機種と、どちらにしようか迷った末、ほとんど同スペックで、2万円安かったこっちのモデルにしました(^^ゞ
私は使う頻度が高いので、かわいがってあげないと。
HPの資料や音楽ファイル、写真は、外付けのHDDに入れておいたので、 大事に至りませんでしたが、なくなってしまったものも色々。

フリーソフトのテキストエディタ(メモ帳じゃ、物足りないですものネ)や、HTML文書作成ツールなど、また探してこないといけません。

ちょっと面倒ですが、新しいものもいろいろ出ているみたいですから、気持ちよく使えるものに巡り合いたいです。
取り急ぎ、復活しましたscissors報告です。ロンドン旅行記は、ドイツ旅行記よりも先に済ませますです、ハイ(笑)
(気をつけていたにもかかわらず、ロンドンで風邪を引いてしまいましたweep
かの地でお薬を買って飲んでいたのですが、すっきりしなかったので、昨日お医者様に行って診てもらったら「完治するまでには、あと一週間ぐらいかかりますよ!」と、言われてしまいました^^; 無理したわけでもないのに、風邪って、引く時はしっかり引いちゃいますよねーー; まあ、これも思い出ですcoldsweats01

| | コメント (0)
|

帰り道〜(*^_^*)

帰り道〜(*^_^*)
某所からの経由地fromアムステルダム。どこ行ってたのかって?ウフフ、後12、3時間後、帰国するまで、ゆっくり考えてて下さいねっ(^.^)b

あ、髭剃りクリームのことは、直接彼に突っ込む時間が取れませんでした(笑)期待なさってた方々、ごめんなさいねえ(;^_^A

でも私、本当に幸せ。だって彼のコッリーネを実演で聴くのは、3年越しの夢だったんですもの。2回も堪能出来て、良かったわ〜(*^_^*)

…あら、これじゃ何処へ行ってきたのか、バレバレですわね(^^ゞま、詳細はのちほど。
ではでは、今から激込みのフライトで、暫し缶詰めになります(^_^)/~

| | コメント (8)
|

祝・Return to ROH@コッリーネ

昨日(10月11日)から、英国ロンドン・コヴェントガーデン(ROH)では、ラ・ボエームの上演が始まりました。我が家で溺愛しているheart04アレクサンダー・ヴィノグラドフ(←TV放送@カルメン新国が近いので、こう書いておきます)が、コッリーネで出演してます。

彼がROHに出演するのは、2年前の同じ時期に、同Top03 じプロダクションのコッリーネ@ボエームに引き続き、2回目。その時のお祝い記事は⇒こちら

リターンお祝いを兼ねて、何か書いてやらんとな…(←傲慢)と思っていたんですが、忙しさ(とめんどくささ)にかまけて、完全にフォローがおろそかになっていたのですが
(一応言い訳しておくと、お部屋のトップページは、ちゃんとコッリーネ仕様に変えていますcoldsweats01

私よりももっと忙しいであろう、しまさんが、若き日のトーマス・アレンが素敵なマルチェッロで出演しているDVD「ボエーム@ロイヤルオペラ」の宣伝を兼ねて、ヴィノグラドフをゲスト出演coldsweats01させて下さった記事を書いて下さったところ、

そちらをご覧になられたロンドン在住の椿姫さんが「ドン・ジョヴァンニ」の公演を観に行った際に、観客として観に行っていたヴィノグラドフを幕間で激写cameraして下さり、元気な姿をお知らせして下さいました。

お二人には、大変感謝しておりますm(__)m どうも、ありがとうございます!

そして嬉しいことに、椿姫さんは初日の公演をご覧になられて、お忙しい中、早速レポートして下さいました。
ヴィノグラドフを含めたキャスト全体も若々しくて、高水準の公演だった様子。嬉しいですね~~

続きを読む "祝・Return to ROH@コッリーネ"

| | コメント (4)
|

旅のメモ@サンフランシスコ Vol.2 荷造りのコツ(再UP)

★★★10月8日追記★★★

すっかり放置状態のwobbly今年2月のショートトリップ@サンフランシスコの旅メモですが、荷造り(パッキング)について、我が家のお客様・Naoさんから非常に有益な情報を得ましたので、再アップupしておきます。
今後Naoさんを「パッキングの女王shineとして崇めたいです、ホントに(笑)

Mixiユーザーの方はNaoさんの日記を是非、Mixiユーザー以外の方は、こちらのコメント欄をどうぞhappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は荷造りのコツについて。

こういうノウハウは、知りたくてもあまり情報がないのが実情ですし、恥を忍んで書いておけば、何方かフォローして下さるかもぉ…という、他力本願な面もあったりして。
ということで「私(僕)こんなことしてます!」「こんな風にしてみたいんだけど…」というコメントは大歓迎ですhappy01

今回は3泊5日のショートトリップなので、あまり大した荷物を持って行ったわけではないのですが、最近は機内持ち込みの荷物の制限なども細かくなってます。

…が!
キホンは、あまり神経質にならないこと(^^!

続きを読む "旅のメモ@サンフランシスコ Vol.2 荷造りのコツ(再UP)"

| | コメント (16)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »