« ロンドン一人旅その7 市内観光(1)クイーン・エリザベスホールを探せ! | トップページ | ドン・ジョヴァンニ@新国立劇場 »

ワシントンDCでの小ミサ

ここで書いたのが呼び水になったかな(笑)
先月のワシントンDCでの、ドミンゴ指揮&アンドレア・ボチェッリとのロッシーニの小ミサ。
ボチェッリのファンが、アップしたものみたいですネ。

ビッグネームと共演した時には、こういうのを拾えるのが、出世魚クンfishを追いかけるダイゴミでもあるのですconfident

ちょっとだけですが、歌声が聴けて嬉しい(^^notes

もう一つ。こっちは歌わないから、姿を愛でているだけなんですがcoldsweats01

あまたのドミンゴ&ボチェッリファンがこのクリップを観ている中
「もっとカメラmovieを奥のバスソリストに向けて~~heart」(←向けないってばsweat01
と心の中で叫びながら観ているのは、世界広しといえども、私くらいね、きっとheart04

(ふつーに、真面目に座っているのがまた可笑しい(笑) 元気そうにしているのが観られて、ホッとしましたconfident

|
|

« ロンドン一人旅その7 市内観光(1)クイーン・エリザベスホールを探せ! | トップページ | ドン・ジョヴァンニ@新国立劇場 »

Alexander Vinogradov (Bass)」カテゴリの記事

コメント

私も久々にヴィノ君の声を聴きました(笑)
先の記事でヴァラリンさんが仰っているように、確かに、さわやかな印象の曲のようです。宗教曲という感じがしませんね。

>ビッグネームと共演
>ダイゴミ

同感。
じーちゃんの25年前のゴルフ姿を拝めたのも、ショーン・コネリー様の御威光のお陰です♪

座っている姿を愛でちゃう気持ちもわかりますよー。
私も、ブランク先生のローエングリンの映像がそんな感じ(笑)
「座っているこちらのお方をアップにしろー!!」とか叫んじゃいます。
ヴィノ君の生真面目な横顔。あいかわらず可愛らしいですが、ちょっと大人びた感じもありますね~。

投稿: しま | 2008/12/05 22:31

しまさん:

ワシントンのサイトも、エスカミーリョのクリップでは姿だけしか映してくれませんでしたからねぇ。
10月に生声聴いているとはいえ、やっぱり気になってしまうんですよね(笑)

>宗教曲という感じがしませんね

お!しまさんも小ミサはお初でしたかhappy01
ちょっとだけでも聴けたのは、嬉しいですよ(笑)
もし、後日放送があるようでしたら、派手に宣伝しますので宜しくお願いしますねgood

>横顔
>ちょっと大人びた感じもありますね~

ははcoldsweats01もうじき誕生日が来れば、32歳になりますんでw
もうじゅーぶん、オ・ト・ナの男性ですわよんlovely

投稿: ヴァランシエンヌ | 2008/12/05 23:33

う~む、ヴィノさんは、見れば見るほどバレエダンサーっぽい。
あれだけ細くていらっしゃるのだから、ダンスも上手なのでは?

「座ってるだけ」でも嬉しいものなんですよね、ファンにとっては。わかりますbleah
私も、ニュース映像で、彼が歩いてるだけでも「歩いてる~♪」って興奮しますもんcoldsweats01

投稿: 娑羅 | 2008/12/06 22:20

娑羅さん:

>ダンスも上手

ボエームのチャンバラごっこ ⇒ ふざけてダンス…とかくらいしか観たことがないんですが(^^ゞ
いつもカーテンコールでの、足の置き方というか、置く位置が、すごく決まってるんですよ。特にエスカミーリョみたいな、ぴったりしたボトムスの時には、よくわかりますよlovely

お国柄ゆえ、小さい時にバレエ習っていた…とかいう可能性はありますものね。

>彼が歩いてるだけでも「歩いてる~♪」って興奮しますもん

わかりますっ。みんな同じですね(笑)

投稿: ヴァランシエンヌ | 2008/12/06 23:14

「自分がナマで聴いてきた直後のダーリン」(笑)を、こうやって映像や音声で見聞きするのって、格別の感慨やドキドキheart04がありませんか?
知らず知らず、自分が体験した歌声や姿と重ね合わせてしまってconfident

いいなぁ、私も早く「ナマ鑑賞後」の彼の声をちゃんと聴きたいです(^^ゞ

投稿: Nao | 2008/12/07 16:01

Naoさん:

>格別の感慨やドキドキ

そうねぇ…いつでもドキドキしてるけどwink
そういえば、少し間をあけて…ってのはあったけど、これだけ期間をつめて聴いたのは初めての経験ですねconfident

追っかけもこの年末で丸4年、もうすぐ5年目に入るところですが、未経験のこと…ってのは意外とたくさんあって(笑)

どうでもいいことですが、私がオペラを聴き始めたのは30歳過ぎてからで、ちょうど今、8年目かな。

旅先で偶然出会った彼を追いかけるようになって「一気に燃え上がったものは、長続きしないんじゃないかな?」とかいう危惧も微妙に感じていたんですけど、
私の人生の中で、比較的最近加わったオペラ鑑賞の趣味歴の半分はもう、彼と一緒に、というとおこがましいけど、彼を追いかけつつのオペラ鑑賞歴…なんですねぇ。
Naoさんの「人生の半分以上をパーペと過ごしている」時間に比べると、全然短いですが、やはり感慨深いです。

この人を知ることが出来て、本当に良かった…幸せ、と思っていますconfident

投稿: ヴァランシエンヌ | 2008/12/08 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンドン一人旅その7 市内観光(1)クイーン・エリザベスホールを探せ! | トップページ | ドン・ジョヴァンニ@新国立劇場 »