« 「エレクトラ」演奏会形式@シンガポール交響楽団(全体編) | トップページ | 2009年1月・第二弾一人旅@シンガポール その3 航空券とホテル »

「エレクトラ」演奏会形式@シンガポール交響楽団(オレスト編)

(全体編はこちら

深く深く、どこまでも深淵で、そのまま暗い闇に引きずり込まれそうな、陰鬱でストイックな響き。
オレストの旋律には、そういう声が求められていると思います。

以下、ギリシャ神話でのオレステスのことは、ここでは考えずに「アレクサンドル・ヴィノグラドフのオレストを通じて私が感じたこと」に特化して、私の感想をまとめておきます。

なにぶん、実演に備えて予習として、まともに聴き込んだのはわずか一か月ですし、稚拙な部分も多々ありますが、ご容赦を。

******************

オレストは最初に舞台に出てきた時、彼は「死の使者」として、威圧的に語ります。
第一声の"Ich muss hier warten. "(僕はここで待たなくてはいけない)は、とことん暗くていいはず。
だって、死の知らせを持ってきたんだもの。そして、対話をしている相手をいぶかしく思いつつ(だって下女だと思い込んでいるんだし)あくまでも厳しく、荘重に(だって彼は、正当な王位継承者だもの)表現される方が相応しいと思うのです。

こういう「重さ」は、好みの問題とは思いつつも、私はバスの重厚な声で聴きたい。予習で聴いていたCDでの、バリトンの明るい声に馴染んだ耳には、ヴィノグラドフの第一声は、新鮮でもあり「やっぱり、こうでなくちゃ」と思わせるものでもあり。
今まで聞こえなかった、低音部の旋律線がはっきりと、力強く響いてきたのです。

シュトラウスにしろ、ワーグナーにしろ、分厚い管弦楽を突き抜けてなお、言葉を、音型をひとつひとつきちっと効かせてくれないと、物足りない。「エレクトラ」のような破壊的且つ不協和音の連続の作品に「旋律線」なんてものが重要なのか?と言われちゃうかもですが、私はこういう「音楽と言葉の抑揚の一つ一つがリンクした、お芝居のセリフのような歌詞&旋律」を前提として作られているドイツオペラ(ロシアオペラにもその傾向は見られると思います)こそ、旋律線に合った声を乗せて、言葉をしっかりと聴かせてほしいと思います。

"Lass den Orest. Er freute sich zu sehr
an seinem Leben, die Gotter droben
vertragen nicht den allzuhellen Laut
der Lust. So musste er denn sterben. "
(オレストのことはほっといてくれ。彼は人生を楽しみ過ぎたんだ。天の神たちは、あまりにも楽しみの声が高すぎることには我慢がならない。だから彼は死ななくてはならなかったんだ)

この部分のオケ、オレストの声に合わせるように、陰鬱な音がボーン、ボーンと響きます。そこに被ってくる声もまた、陰鬱で暗い声で、でもきっぱりと歌われる方が効果的です。そして彼の、子音をひとつひとつ、くっきりと響かせる歌い方…低音部がはっきり聞こえてくるからこそ、子音までビンビン響いてくる…
ヴィノグラドフをドイツオペラで聴いたのは久しぶり(2006年1月の「オランダ人@ダーラント」以来)だったのですが、思い出しました。
彼の、言葉の意味を一つ一つかみしめながら、ストイックに、丁寧に、語るように歌う…私が最も愛する、この人の美質。

"Elektra! Elektra!
So seh' ich sie? ich seh' sie wirklich? du?"
(エレクトラ、エレクトラ!僕は彼女に会えたのか?僕は本当に、彼女を見ているのか?)

この辺から、オケもより雄弁になり、エレクトラとの対話もますます緊張感を帯びてきますが「シンガポールのオケって、こんなにうまいの?」という感動も相まって、胸がいっぱい。ベアート@エレクトラとの掛け合いも、ぴったり。

"Elektra, hor mich.
Hor mich an, ich hab' nicht Zeit. Hor zu.
Orestes lebt. "
(エレクトラ、僕の言うことを聞いて。聞いてくれ、僕には時間がない。聞いて…オレストは生きているんだ)

"Orestes lebt."は、声をひそめて歌う歌手も多いんですが、彼はずばっと、力強く歌って、その後の
"Wenn du dich regst, verratst du ihn."(興奮すると、彼を裏切ることになるよ←意訳)
で、トーンを落とす。

そして対話のクライマックス
"Die Hunde auf dem Hof erkennen mich, und meine Schwester nicht?"
(中庭の犬たちでさえ、僕を見知っているのに、僕の姉さんには、僕がわからない?"

"meine Schwester nicht?"は、すごく大事なフレーズだと思うのです。
だけど、少なくとも私が聴いていたソフトでは、残念ながら「なんでここを、こういう風に、抑揚もつけずに、お経を唱えるだけ…みたいに歌うのかなぁ?」と思ってしまうことがほとんどでした。
(私が予習に使っていたソフトで、唯一満足できたのが、カラヤン盤のヴェヒターだけ^^;)

でも彼は、これまでの対話の全てのピークを、まさにここに持ってきた!という感じで、「姉さん、お願いだ、わかって…僕だ、オレストだよ」と、暖かくも力強く、きっぱりと歌ってくれました。そう、こうやって歌って欲しかった…

この1フレーズを聴いた瞬間「シンガポールまで来て、ほんっとに良かった…」って、思いました。そしてその後の、歓喜に満ちたオケの爆発。

私が予習の段階で「たぶん彼なら、ここの旋律を、もっと力強く聴かせてくれるはず」「彼なら、ここはこう歌うはず」「ここは、こういう風に歌って欲しい」って思ってたことを、彼はこの夜、全部全く、まさにそのとおりに歌ってくれたのです。

もし、私がバス歌手でこの役を歌うとすれば(^^; 私は彼が歌ったのと、全く同じ解釈で歌うと断言できます。私がこの役に求めていた「内に暗い情熱を秘めた、ストイックな求道者」的な解釈を、彼は完璧に表現してくれました。

歌い手が表現したがっていることを、聴き手の私が心(もっと深いもの…魂という方が、正解かも)を揺さぶられながら感応し、受け止める。
エレクトラのモノローグを挟んで、その後の二人の決意表明(笑)デュエットまで含めても正味20分程度の出番でしたが、素晴らしい体験でした。

私も彼のファン歴は、去年の年末で5年目に入りましたし、実演で聴くのは今回が15回目(そのうちの半分は、2007年の日本での公演)。
いつでも新鮮な気持ちで実演に接しているつもりでも、歌い手のエネルギーをまともに感じ、大げさな言い方をすると「トランス状態」というか、何かが憑依したような、のめり込むような、気が遠くなるような感覚…毎回こういう類の感動は得られませんし、今後もそうそう、味わえるものではないと思います。
それこそ、舞台の上で、待ちに待ったオレストと邂逅し、歓喜を得たエレクトラと同じ類の精神の高揚を感じていたに、違いないのです。

本当に、万難を排して行った甲斐がありました。

今、ちょうど聴いてきて2週間経ったんですが、今でも私の耳には、彼の"meine Schwester nicht?"が鳴り響き、記憶を確かめるように、相変わらず予習に使ったソフトを繰り返し、とっかえひっかえ聴いている最中。
そして「んんー、やっぱり私には、彼が特別。彼は完璧なオレストよ」と自己陶酔してみたり(笑)

実は、ここ最近の私の新たな趣味「遠くの席に座った時は、彼が歌っている時の顔を双眼鏡で覗きながら、デレデレニヤニヤする^^;」を堪能するべく、当然今回も双眼鏡は持参して行き、途中までは時々使っていたんですが、私のボルテージがぐんぐん上がって、ショート寸前になったころ、

「そんな、よこしまなことをしたら、気が殺がれる!!!この声と歌に集中して、身を浸すべき!!!」

という天の声(笑)が聞こえたので、その後エレクトラの"Orest! Orest! Orest....."の、あのモノローグで、彼がどんな表情をしているのかをちらっと確認した以外、一切使いませんでした。双眼鏡を使わなくても、肉眼でぼんやりと、表情もつかめましたしね。

この不思議な感動が「エレクトラ」という作品故なのか、彼の歌の力なのか、そのどちらによって齎されたものなのか、どちらにも陶酔したのか、わからないのですが、少なくともこの2年間、実演で接したマゼットエスカミーリョ、そして彼も大好きなコッリーネで感じたものよりも、深い陶酔&喜びであることは確か。

そして私は、分厚いオケと、言葉と声の掛け合いから生まれるリズム感を持つドイツオペラが、とても好きだということを、再認識しました。私の持つリズムが、この手の音楽に反応するように出来ているんでしょうね。

そして私の中に、この作品のタイトルロール・エレクトラのような、エキセントリックな面もあるのも確か。そうでなければ、こんな熱心に、憑かれたように、一人の歌手を追いかけるエネルギーは湧いてこないですよね(^^;

全体の感想は♪こちら

*******************************
2009年1月9日:リヒャルト・シュトラウス「エレクトラ」演奏会形式@シンガポール交響楽団
(場所:エスプラネード・コンサートホール

指揮:ケント・ナガノ
クリテムネストラ:スザンネ・レスマーク
エレクトラ:ジャニス・ベアート
クリソテミス:ダグマー・ヘッセ
エギスト:リチャード・デッカー
オレスト:アレクサンダー・ヴィノグラドフ
オレストの養育者&老いた下男:カイ・フローリアン・ビシュコフ

Jan.9 2009 Richard Strauss : Elektra-concert version @ Singapore symphony orchestra(Esplanade Concert Hall)

Kent Nagano  conductor
Susanne Resmark  mezzo-soprano (Klytamnestra)
Janice Baird  soprano (Elektra)
Dagmar Hesse  soprano (Chrysothemis)
Richard Decker  tenor (Aegisth)
Alexander Vinogradov  bass (Orest)
Kai Florian Bischoff bass-bariton (Guardian/Old Servant)

|
|

« 「エレクトラ」演奏会形式@シンガポール交響楽団(全体編) | トップページ | 2009年1月・第二弾一人旅@シンガポール その3 航空券とホテル »

2009冬・第二弾一人旅@シンガポール」カテゴリの記事

Alexander Vinogradov (Bass)」カテゴリの記事

実演鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

レポに圧倒されました。うーん、これは私も聴いてみたいです。行かなくてはと霊感が働くときは、行くべきなんでしょう。シンガポールってあなどれない場所なんですね。知らなかった〜。

投稿: galahad | 2009/01/23 21:33

galahadさん:

読んで下さって、ありがとうございます(^-^)
毎回そうなんですが、もちっとクールに書きたいと思うのですよ。しかし今回は、いつも以上に誉め過ぎたかも(;^_^A

>霊感が


はは(笑)もともと物事をあんまり理詰めで考えず、本能の赴くまま行動してるせいですかね?
しかし、呆れながらも仕方なく(笑)温かく見守ってくれている周囲の人々の支えがなければ、これも不可能なので、感謝してます。
尤も、現実的な問題…先立つものがなければできないので、しばらくは自粛しますです(笑)

エネルギーチャージはしっかり出来たので、次回に向けて、しっかり稼ぎますp(^^)q

投稿: ヴァランシエンヌ | 2009/01/24 09:31

ほんと、シンガポールに行ってよかったですねconfident
…と、レポを読んで今さらながら(私まで)しみじみ。

>「彼なら、ここはこう歌うはず」
>「ここは、こういう風に歌って欲しい」

うんうん、ずっと愛でて(笑)いるうちに、歌手本人の歌唱スタイルや解釈に、自分の感覚が同化してくる感じ…これがピタッとはまった時は快感ですよねwink生鑑賞ならばなおさらでしょう。
「ああ、この人のファンでよかった」「同じ時代に生まれて生の歌声に接することが出来るなんて、なんて幸せなんだろう…」と、身震いするぐらい幸せな気持ちになれるし(^^ゞ

投稿: Nao | 2009/01/24 22:36

Naoさん:

読んで下さって、ありがとうございます。
大人しい歌唱をするようなタイプに思われがちですが、内に秘めた熱を思い切って表現する瞬間が、ままあるんですよ(^^;
それがとても好きです。(覇気りんりんとは違うんですけどsmile

>歌手本人の歌唱スタイルや解釈に、自分の感覚が同化してくる感じ…

そうですねぇ。同化してくるというか、初めて聴く役なのに、既に何回も聴いたことがあるような感覚というか。
もう一つ、私が無意識のうちに、この人の歌唱に絶対的信頼を置くようになったのかもしれません。
追っかけも伊達に5年目に入ったわけではないのですな(笑)

>身震いするぐらい幸せな気持ちになれる

なれますね(笑)

投稿: ヴァランシエンヌ | 2009/01/25 00:52

ヴァラシエンヌさん、お久しぶりです。公私共に激多忙ですっかりご無沙汰でした。今年もよろしくお願い致します!!

相変わらずのおっかけ道、素晴らしいです!!オデュッセウスも日本にいてはあまりお気に入りのティーレマンが聴けませんので、ウィーンやミュンヘンやバイロイトに飛んで行きたくなりました(笑)。

>もし、私がバス歌手でこの役を歌うとすれば(^^; 私は彼が歌ったのと、全く同じ解釈で歌うと断言できます。
この感覚、すっごくよくわかります。オデュッセウスも昨年3月ティーレマン/ウィーン国立歌劇場『パルジファル』で全く同じ体験をしました。そして同様に
>「トランス状態」というか、何かが憑依したような、のめり込むような、気が遠くなるような感覚…
に陥りました。

実演はやはりいいですよね。

投稿: オデュッセウス | 2009/01/25 21:43

オデュッセウスさん:

わあ!お久しぶりです!!コメントありがとうございますhappy02
こちらこそ、今年もどうぞ、宜しくお願いしますね。

>>もし、私がバス歌手でこの役を歌うとすれば(^^;
>>「トランス状態」

うわあ、男性にこの感覚を共感して頂けるなんて、すっごく嬉しいです。
こういう感覚って、単にうっとりするではなくて、聴き手が演奏家の真意を汲み取り、理解してこそ得られる、深いものなんですよね。
そして同性、異性を問わず、惚れ込んだ演奏家を持ったもののみ得られる、幸せ…なんだと思いますよ。

>実演はやはりいいですよね。

はい(^^)
オデュッセウスさんも、果敢にまた飛んで行って下さいairplane(笑)
私は暫く、自粛せねばなりませんが…(^^ゞ

ところで来シーズンの新国のラインナップは、ドイツものがモロに私好みで(笑)なかなか魅力的ですねscissors
「影のない女」が日本でいながらにして聴けるチャンスは、そうそうありませんし「ヴォツェック」も興味深々ですし。

投稿: ヴァランシエンヌ | 2009/01/26 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エレクトラ」演奏会形式@シンガポール交響楽団(全体編) | トップページ | 2009年1月・第二弾一人旅@シンガポール その3 航空券とホテル »