« 2009年1月・第二弾一人旅@シンガポール その2 エスプラネード・コンサートホール | トップページ | エキセントリックな嵐とお月さま »

ドキドキ・ワクワク・胸キュンの原点・祝!ゼンパーデビュー(^.-)-☆

ゼンパーオパー・ドレスデン(Semperoper Dresden)

ここは私が、2001年に夫と一緒に、初めて海外オペラ鑑賞をしたメモリアルオペラハウス。とても気に入ったので、翌年もまた行ったんでしたっけ。その時の鑑賞記が、最初のオペラ実演鑑賞記でもあります。★これ

最後に行ったのは、2004年の夏ですから、もう5年も前(ヴィノグラドフに出会う前のハナシじゃないですかcoldsweats01)になりますが、色々な意味で、現在の私の原点でもありますので、ベルリン国立歌劇場同様に、思い入れのふか~い劇場です。

いつかここで、歌ってほしいな…と密かに願っていたんですが、只今この劇場で上演中のカルメン(2004年プレミエ)。
エスカミーリョにヴィノグラドフの名前が~~~happy02

うふふ。良かった。とっても嬉しいです。
何が嬉しいって、ワタシ、追っかけネット活動の中で、一番嬉しいのが「劇場サイトで彼の名前を見つけた時」ですものconfident
それが、ゼンパーとなると、もう格別。私にとって、最も嬉しい彼の劇場デビューかもしれません。

なにはともあれ、おめでとうbell
楽しんで歌ってくれていることを祈りつつ。

さて私は、勉強pencilに戻ります(笑) 彼も頑張っているんだし(ムフフheart01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

カルメン@ゼンパーオパー・ドレスデン(Carmen @ Semperoper Dresden)http://www.semperoper.de/en/oper/repertoire/carmen.html

Feb.5,7,9,2009

Musical direction:Rainer Muhlbach
Production:Konstanze Lauterbach

Cast

Don Jose:Mario Zhang
Escamillo:Alexander Vinogradov
Remendado:Gerald Hupach
Dancairo:Tom Martinsen
Zuniga:
Jorn Schumann (5. Feb.)
Markus Butter (7. | 9. Feb.)
Morales:Christoph Pohl
Carmen:Hadar Halevy
Micaela:Kyung-Hae Kang
Frasquita:Roxana Incontrera
Mercedes:Angela Liebold
Lillas Pastia:Patrick O‘Beirne
Andres:Karl-Heinz Koch

Staatsopernchor
Kinderchor
Sachsische Staatskapelle Dresden

With generous support of the Foundation for Support of the Semper Opera House

|
|

« 2009年1月・第二弾一人旅@シンガポール その2 エスプラネード・コンサートホール | トップページ | エキセントリックな嵐とお月さま »

Alexander Vinogradov (Bass)」カテゴリの記事

コメント

お勉強頑張ってますか?book
そして、ヴィノさんのゼンパーデビュー、おめでとうshineしかもエスカミーリョ!
ヴァラリンさんの初の海外オペラデビューも、ここだったのね(^^)

この後は、ヴィノさんもパーペも珍しく?同時期にリンデンでオシゴトですね。観に行きたかったけど、今年は他のところに資金と時間を投入しなければならないので(笑)ベルリンに思いを馳せつつ私も頑張ります。
(BGMにダレカさんの声は離せませんが^^;)

投稿: Nao | 2009/02/10 00:39

Naoさん:

ひとりでお祝いしてあげているのも、微妙に寂しかったので(笑)私への激励ともども、すごく嬉しいです。ありがとうございますhappy01

勉強に本腰を入れる為+ネット依存気味の生活を改善させるべく、少しネットから離れ気味だったんですけど、急にビビっflairと来たんですよ(^^;
それで調べてみたら…というわけです。

>ヴィノさんもパーペも珍しく?同時期にリンデンでオシゴトですね。

そうですね。先輩も出張が多いですが、ヴィノさんも近年は、ドイツ国内よりも、他で歌うことが増えてきたし。

そのお陰で、日本やシンガポールという、アジアまで来てくれるようになったんですが、そういう意味でも、この時期のゼンパーデビューは(レパートリー上演ですから、批評に即反映されるとかいうわけではないんですが)嬉しいですねwink

先輩の方は、新演出のメフィスト様ですから、批評や舞台写真もまた色々見れそうで、楽しみですね。現地へ飛ぶ方も多いんじゃないかしら?smile

投稿: ヴァランシエンヌ | 2009/02/10 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年1月・第二弾一人旅@シンガポール その2 エスプラネード・コンサートホール | トップページ | エキセントリックな嵐とお月さま »