« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

Metライブビューイングデビューしてきました(^^)v

《ばらの騎士》@Metライブビューイングの感想は ⇒⇒⇒

以前からMetライブビューイングに興味はあったのですが

・なかなか私好みの演目がない
・劇場に行くよりかは安上がりとは言え、映画よりもちと高く(笑)上演される劇場にも限りがあるので、
都心まで2時間近くかかる(^^;我が家houseから行くとなると、それなりの覚悟が必要。

…に加えて、

・メトの舞台映像はいくつかDVDを持っていますが、確かに主役クラスは豪華キャスト、豪華な舞台にオーソドックスな演出…で、オペラ観始めのころにはよくお世話になったんですが、
端役が聴き劣りすることが時々あったり、オケが大味だったり、演出も何度も観ていると飽きてしまったり…で、最新映像とはいえ、映画館まで行く価値はあるのかしら???

という、偏見に満ちた不安要素coldsweats01もあったものですから、なかなか「えいっ」と思いきることができずにいました。

しかし「ばらの騎士」は大好きな作品。キャストも揃っているし、デビューするならコレだ!と決めて、楽しみにしていたのです。

そんなライブビューイングデビューの感想は

「大当たり。行くのを迷っている方、「ライブビューイングって、どんな感じなんだろう?」と思っている方には、特に今回の《ばらの騎士》を、迷わずオススメします。
映画館まで足を運ぶ価値大ありです!!!!!」

続きを読む "Metライブビューイングデビューしてきました(^^)v"

| | コメント (2)
|

自分の身を守ること

先日、縁あって護身術の講座を受ける機会がありました。
講師の先生の目ヂカラ(笑)にやられました…と書くとアレですが、女性の先生ですよ。
とても颯爽とした、ステキな方でした。あんな風に年を重ねたい…と思いましたわん。

久しぶりに身体を動かし、いくつか「技」も教えて頂いたのですが、自分の身を守る為に一番大事なことは「自分の直感を信じること」だそうです。

続きを読む "自分の身を守ること"

| | コメント (0)
|

再掲:アイドルを探せ!Vol.2 アレクサンダー・ヴィノグラードフ(Bs)

2010年1月21日:

今となっては、超、超、超・恥ずかしすぎる(^^;記事ですが、彼の再来日正式決定記念を兼ねて、生き恥を晒して → 上げてupおきます(^^;;;;;
(突っ込みコメントも、どんと来い!ですわ~~女が腹を括ると、強いのヨ( ̄ー ̄)ニヤリ)

+++検索でこのページに辿り着いてくださったかた、ありがとうございます+++
彼に関心をお持ちの方がいらっしゃれば、このページから派生して作った★《彼》のお部屋 Alexander Vinogradov★へお立ち寄り下されば嬉しく思います。

2007年11月下旬~12月上旬にかけて、新国立劇場での「カルメン」エスカミーリョで来日しました。
2010年10月には「フィガロの結婚」で、新国に再登場の予定です。再び新国のプロフから転載しておきます。

****************************

エスカミーリョ:アレキサンダー・ヴィノグラードフ
Escamillo : Alexander Vinogradov

モスクワ生まれ。幅広いレパートリーで、ベルリン州立歌劇場を中心に活躍している。主なレパートリーとして、「カルメン」エスカミーリョ、「フィガロの結婚」フィガロ、「魔笛」ザラストロ、「ノルマ」オロヴェーゾ、「セビリアの理髪師」バジリオ、「マクベス」バンクォー、「ドン・ジョヴァンニ」マゼット、「オテロ」ロドヴィーコ、「トゥーランドット」ティムール、「さまよえるオランダ人」ダーランド、「ラ・ボエーム」コリーネ、「アイーダ」ランフィス等が挙げられる。
新国立劇場初登場。

(以上、新国立劇場HP「カルメン」ゲストソリストプロフより転載)

で、2010年10月の《フィガロの結婚》での、再来日(^^v

フィガロ:アレクサンダー・ヴィノグラードフ
Figaro : Alexander Vinogradov

1976年モスクワ生まれ。物理と数学を学んだ後にモスクワ音楽院で学ぶ。数多くのコンクールで優勝。弱冠21歳でボリショイ劇場デビュー。以来ベルリン州立歌劇場、パリ・オペラ座、フェニーチェ歌劇場、ラヴィニア音楽祭などに出演。『ドン・ジョヴァンニ』レポレッロ、『魔笛』ザラストロ、『セビリアの理髪師』ドン・バジリオ、『イタリアのトルコ人』セリム、『カルメン』エスカミーリョ、『アイーダ』ランフィス、『ラ・ボエーム』コッリーネ、『三つのオレンジへの恋』チェリオ、『エレクトラ』オレストなどをレパートリーとする。今後の予定としては、英国ロイヤルオペラで『皇帝の花嫁』、ベルリン州立歌劇場でドン・バジーリオとエスカミーリョ、ミラノ・スカラ座でエスカミーリョなどがある。新国立劇場には2007年『カルメン』エスカミーリョで出演している。

(以上、新国立劇場HP「フィガロの結婚」ゲストソリストプロフより転載)

****************************

最初にこの記事↓を書いたのは、2005年6月4日。なんだか今読むと、すーごく懐かしいような、を通り越して、私も初々しいですね(^^ゞ

実はこれを書いた後からが、色々あったんだよなぁ。。。はぁ、感慨深いわ…

基本的には「⇒」のついた、太字ピンク色の箇所は、2007年2月1日に追記した分、さらに「→」のついた、太字緑色の部分は、2010年1月21日に追記した分です。明らかに訂正したいところは直しましたが、恥ずかしすぎるとは思いつつ、最初に書いた時のイメージも残しておきたいと思ったので(* ̄ー ̄*)

・この記事の元記事は、こ・ち・らcoldsweats01
・現在進行形のまとめHP(=ファンサイト)は、こ・ち・らheart04

続きを読む "再掲:アイドルを探せ!Vol.2 アレクサンダー・ヴィノグラードフ(Bs)"

| | コメント (16)
|

新たなる苦悩の誕生…新国立劇場2010/2011シーズンセット券発売

はぁーー;
新国立劇場2010/2011シーズンセット券の詳細が、本日発表されました。

オペラのセットプランは⇒⇒⇒
価格表⇒⇒⇒
席割表⇒⇒⇒(来シーズンから、席割が変更になります。2階正面席はセット券対象外とのこと)

☆1から4までの価格帯に分かれています。
アトレ会員向けの、S,A,Bは定価の10%引き、Sサイドは15%引きの価格を掲載しました。
その他の価格は、新国立劇場の各情報をご参照下さい。

1…アラベッラトリスタンとイゾルデ (S:23,620 Sサイド:22,310 A:18,900 B:13,230)
2…マノン・レスコーばらの騎士コジ・ファン・トゥッテ (S:20,790 Sサイド:19,630 A:17,010 B:11,340)
3…フィガロの結婚アンドレア・シェニエ椿姫蝶々夫人 (S:18,900 Sサイド:17,850 A:14,170 B: 9450)
4…夕鶴 (S:14,170 Sサイド:13,380 A:11,340 B:7460)

個人的には(^^;「フィガロの結婚」がマストアイテムなんですが(笑)
その他にも興味深い演目が目白押し。たくさん見に行くためには、なるべく安めのチケットを早めに抑えておきたいなぁ…なんて考えてましたので、セット券の詳細が出るのを心待ちにしていたというわけ。

とりあえず10演目のうち「これは絶対に行きたいな」と思っているのは

・アラベラ
(シュトラウス好きとしては外せません~~shineいっとき「ばら」以上にハマッてた時期もあります。実演は2002年にミュンヘンで、アンドレアス・ホモキの演出を観たことあり。しかし、何故よりによって「フィガロ」と時期が被ってるのよ^^;;;連日劇場に通うのも大変だから、なんとしても「フィガロ」が始まる前に観ておきたいわ)

・フィガロの結婚
(たとえ4度目の再演であっても、ヴァラリン的・来シーズンのマストアイテム。だってタイトルロールは、わがゴヒイキさん・アレクサンダー・ヴィノグラードフheart02だもーんconfident
2007年のカルメン同様、全公演制覇する気まんまんですが、いつ、どの席で、何を着て観るかを考えなくちゃhappy02

・トリスタンとイゾルデ
(恐らく来シーズン、最も注目度の高い演目でしょう。時期的に年をまたいでの公演…も、私が新国に通い始めてからは、初めてのことですし。実演はお初です。)

・コジ・ファン・トゥッテ
(これも「フィガロ」同様「好きなのに何故か実演に当たる機会がなかった」作品の一つ。ローマン・トレーケルも出演予定ですし^^ Metの来日公演「ドン・カルロ」と時期的に被っているので、かけもちでご覧になられる方もいるかもね(^~^+++)

の4つ。あと余力があれば、他にも2,3観てみたいものがありますが、お財布次第(^^;

とりあえず、この4つをどうやって組み合わせて買おうかしらぁ~~と、楽しみにしていたんですが。

びっくりannoyしたのが、アトレ会員セット券ならではの大幅割引だったS席サイド。これまでは20%引きだったのが、今年は15%引きに変更になりました。
ううむ、これって実質的な「値上げupじゃないですかーー;

続きを読む "新たなる苦悩の誕生…新国立劇場2010/2011シーズンセット券発売"

| | コメント (4)
|

こんな感じの幸福感

もし話がポシャったら(笑) また追っかければいいじゃないの…と言い聞かせはしていたものの。

やっぱり「来てくれる」のを「待つ」のは、極上の幸福感。

たとえば、ホットココアを入れる為に、お鍋の中にココアパウダーを入れ、火にかけて練り練りして、少しずつミルクを足して完成させるような感じに、似ているかもしれません。

続きを読む "こんな感じの幸福感"

| | コメント (0)
|

幸せかみしめて…祝!再来日@新国フィガロ

本日、新国立劇場の来シーズン(2010-11season)の予定が発表されました。

10月10日(日)13日(水)16日(土)19日(火)上演予定の「フィガロの結婚」に、

わがゴヒイキさん、アレクサンダー・ヴィノグラードフ(←新国サイトに倣って、しばらくこの表記を取り混ぜて行こうかな(笑))が、フィガロ役で出演します。

公演情報PDFは→→→

続きを読む "幸せかみしめて…祝!再来日@新国フィガロ"

| | コメント (10)
|

乾燥にご用心&ネットブック周辺機器

先週は何故か、家にいても職場でも外出先でも、目がショボショボ → 夜になると視神経の疲れから、頭痛を引き起こし…PC触るのも億劫な状態が続きました。

確かに肉体的にも精神的にも疲れてはいたんですが、それにしても、この頭痛はいったい何?喉も痛いし、また「風邪もどき」かなぁ…と思ったのですが、その頃、リビングの湿度計を見たところ、連日湿度が30%を切っていたのです。

これは、明らかに乾燥が原因だわ…と思いました。バスに乗っていてもやっぱり乾燥していて、家から職場に行くまでの約30分の間に、目元がピキピキになり(^^; 職場に着くなりクリームを再び塗って…という感じでした。

今日は東京でも雪が降り、この辺りもすごく寒かったので
(私は今日一日、デレデレデーと称し、家から一歩も出ないどころか、一日中部屋着の上にセーターを羽織ったままの状態で過ごしました^^; でもリフレッシュのためには、こういう時間が、必要なんです~~)
リビングでは、ずーっとガスファンヒーターをつけっぱなしだったのですが、だいたい湿度40%前後だったでしょうか。そのおかげで、目も顔の乾燥も、随分緩和されました。髪の毛もなにげにしっとりしてましたし(笑)

ということで、乾燥してるな…と思ったら、PCは適当に済ませよう、無理せず早めに休もうと決心したのでありました。こんな時にはボディの保湿も、忘れてはいけません!

ところで、↓の記事で紹介したネットブックちゃんですが

「小さいけど、容量はどのぐらいですか?」

と質問を受けました。そーいえば書いてませんでしたね(^^;

続きを読む "乾燥にご用心&ネットブック周辺機器"

| | コメント (2)
|

心身ともに《冷えない女》を目指してHappy 2010:)))

Weblog2010001 明けましておめでとうございますfuji
ブログ&HP訪問者の皆様、旧年中はありがとうございました。

これまでずっと、家族共用のPCで作業してたのですが、年末に念願のネットブック・ヒューレットパッカードのHP Mini 100を買ってもらって(笑)
いそいそと旅に連れて参りました。ほぼ、私専用マシンですpc

「やっぱり、ちっちゃいわねw」「ちょっとオモチャっぽいところもあるわね」

2010002_2な感じですが、必要最小限の機能は揃っていますし、HP作成用のフリーソフトをいくつかインストールして、動くことも確認できましたし
心配していたキーボードのピッチも、(手が小さいのが幸いして?!)多少狭いかな?という気がしなくもないですが、3日ほど使ってたら、だんだん慣れてきましたscissors

(1月5日:参考までにキーボードと手の位置関係はこんな感じ・・・の写真アップしました。マウスは外付けのBuffaloワイヤレスです。モバイルに特化するならば、タッチパッドに慣れるほうが、荷物減らしには役立つかなと思います)

OSはWindows7 Starter。マニアからは「スペック不足だから、今このOS搭載のネットブックを買うのは得策ではない」と評価を受けているみたいですが、何しろ4万円台で購入できちゃいましたし、私にはこれで、特に不満はありません。

それに何といっても、持ち運びにラクな重さ&大きさ+おひざの上に乗せても作業できるという気楽さ(「ラップトップ」って、もともとそういう意味ですもんね)と
一年ほど前に、前のモデルの真っ赤なデザインのをお店で見かけて以来、気になっていた美しいデザイン。残念ながら赤は生産終了してしまいましたが、後続の淡紅藤色は、見れば見るほどうっとりする、素敵な色。触っていて癒されますshine

自宅の環境が無線LANになったので、単にWebの閲覧用+ブログのレス返信くらいならば、iPod Touchでもいいかな?とも思ったんですが
PC or モバイルを使って何がしたい?をしみじみ考えた結果

気軽な「今、○○にいます」という感じのつぶやきを主とするならば、モバイル拡充でもいいんですけど、私はある程度まとまった文章を作成したい。となると、最低でもこのぐらいの大きさが欲しい。
持ち運びはその上でのオプションですからネ。最終的には、一年ぐらいずーっと狙っていた、これに落ち着きました(笑)

さて、年末に「今年のまとめ」をやろうと思っていたんですが、去年はもう・・・ね。「バビ・ヤール鑑賞実現」に尽きますから(笑)
今年の目標をば。

続きを読む "心身ともに《冷えない女》を目指してHappy 2010:)))"

| | コメント (4)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »