« こんな感じの幸福感 | トップページ | 再掲:アイドルを探せ!Vol.2 アレクサンダー・ヴィノグラードフ(Bs) »

新たなる苦悩の誕生…新国立劇場2010/2011シーズンセット券発売

はぁーー;
新国立劇場2010/2011シーズンセット券の詳細が、本日発表されました。

オペラのセットプランは⇒⇒⇒
価格表⇒⇒⇒
席割表⇒⇒⇒(来シーズンから、席割が変更になります。2階正面席はセット券対象外とのこと)

☆1から4までの価格帯に分かれています。
アトレ会員向けの、S,A,Bは定価の10%引き、Sサイドは15%引きの価格を掲載しました。
その他の価格は、新国立劇場の各情報をご参照下さい。

1…アラベッラトリスタンとイゾルデ (S:23,620 Sサイド:22,310 A:18,900 B:13,230)
2…マノン・レスコーばらの騎士コジ・ファン・トゥッテ (S:20,790 Sサイド:19,630 A:17,010 B:11,340)
3…フィガロの結婚アンドレア・シェニエ椿姫蝶々夫人 (S:18,900 Sサイド:17,850 A:14,170 B: 9450)
4…夕鶴 (S:14,170 Sサイド:13,380 A:11,340 B:7460)

個人的には(^^;「フィガロの結婚」がマストアイテムなんですが(笑)
その他にも興味深い演目が目白押し。たくさん見に行くためには、なるべく安めのチケットを早めに抑えておきたいなぁ…なんて考えてましたので、セット券の詳細が出るのを心待ちにしていたというわけ。

とりあえず10演目のうち「これは絶対に行きたいな」と思っているのは

・アラベラ
(シュトラウス好きとしては外せません~~shineいっとき「ばら」以上にハマッてた時期もあります。実演は2002年にミュンヘンで、アンドレアス・ホモキの演出を観たことあり。しかし、何故よりによって「フィガロ」と時期が被ってるのよ^^;;;連日劇場に通うのも大変だから、なんとしても「フィガロ」が始まる前に観ておきたいわ)

・フィガロの結婚
(たとえ4度目の再演であっても、ヴァラリン的・来シーズンのマストアイテム。だってタイトルロールは、わがゴヒイキさん・アレクサンダー・ヴィノグラードフheart02だもーんconfident
2007年のカルメン同様、全公演制覇する気まんまんですが、いつ、どの席で、何を着て観るかを考えなくちゃhappy02

・トリスタンとイゾルデ
(恐らく来シーズン、最も注目度の高い演目でしょう。時期的に年をまたいでの公演…も、私が新国に通い始めてからは、初めてのことですし。実演はお初です。)

・コジ・ファン・トゥッテ
(これも「フィガロ」同様「好きなのに何故か実演に当たる機会がなかった」作品の一つ。ローマン・トレーケルも出演予定ですし^^ Metの来日公演「ドン・カルロ」と時期的に被っているので、かけもちでご覧になられる方もいるかもね(^~^+++)

の4つ。あと余力があれば、他にも2,3観てみたいものがありますが、お財布次第(^^;

とりあえず、この4つをどうやって組み合わせて買おうかしらぁ~~と、楽しみにしていたんですが。

びっくりannoyしたのが、アトレ会員セット券ならではの大幅割引だったS席サイド。これまでは20%引きだったのが、今年は15%引きに変更になりました。
ううむ、これって実質的な「値上げupじゃないですかーー;

セット券って、いろんな種類が出ているんですが

・シーズン通し券の「フルシリーズ」
・それをもう少しコンパクトにした「ミニシリーズ」
・対象日の中から3演目以上を選んで作るフリープラン「ヴァリエーション」

特に頑張って「今、抑えておかなきゃ!という気にはならない演目」も一緒にくっついてきたり、都合の悪い時間帯(平日夜の公演はできるだけ避けたいので…)が含まれていたりするのがネックなので、

「ヴァリエーション」から3つ4つ選んで、B席を申し込む…というのが近年のパターン。

去年までは(つまり今シーズン)この「ヴァリエーション」の対象日に、けっこう土日も入ってたんですが、今年は「トリスタン」と「夕鶴」以外は、土日が一切入ってないんですね。

最近は土日マチネに主人と一緒に出かけることが多いですし、だったら《ミニシリーズ》ホリデーA(前半の演目のセット・「夕鶴」もおまけでくっついてくるんですが、こういう時でもない限り、見に行く機会がなさそうと思えば^^;)でもいいかしら?と思ったのですが…

ううう、このプランだとSとAのみ。。。Bはないのね(がっかりwobbly

ということは、土日でB席を狙おうと思うと、アトレ会員先行郵送申し込みシングルチケット発売まで待たなくてはならない…ということになるわけですね。。。

ほかにも「ニュープロプルミエ」(新演出の初日を集めたもの)とか、面白そうなセットもあるんですが、やはりSとAのみ

「平日マチネ」にはBも設定されているんですが、ミニシリーズでは「フィガロ」は対象外だしsweat02(あああ、だから再演ってぇーー;)

…という感じで、なんだかどのセットプランも「帯に長し、たすきに短し」という感じで、今ひとつ「これだ!」という決め手に欠けます。

セット券で申し込んでおくと、
・発売日を気にしなくてもいい
・一番先に抑えておける
・出費を一度に済ませてしまえる
という利点は確かにあるんですが、

・SとAが中心のプランで、しかもS席サイドの割引率は、20%⇒15%にダウンdown
・他の席(S,A,B)は10%引きならば、アトレ会員が一般販売に先立って先行で買える、シングルチケット郵送申し込み(現在はインターネットでのエントリーも可能)と同じ割引率

・セット券は、どの演目も同じ枚数分申し込む必要がある。つまり「こっちは一人で行きたいけど、あっちは誰かと一緒に♪」という融通が利かない。
・(見た目的にはよくわからないですが^^;)席割も変更になった
・そもそも一年以上も先のことなんて、どうなっているかわからない(^^ゞ

等、デメリットも鑑みると、一度に出費が重なるセット券に、無理にこだわることもないのかな…と、なんだか購買意欲が萎えてしまいますーー;

上に書いたように、出費を一度に済ませてしまえる…とも考えられるんですけど、だったら尚更、もう少し安い価格設定のもの…どのプランにも、B席の設定はして頂きたいです。
夫婦や家族で一緒に行こうと思うと、一度に二倍、三倍の出費ですから、キツイのよ^^;

こういうご時世なんですし、たとえばミニシリーズも、演目を選べるようにしたりできるようにとか…もう少し融通をもたせたプランを練って欲しいなぁ、と思いました。

締め切りは2月26日なので、ゆっくり考えてみます(^^;
100%満足の行く組み合わせにならなくとも、最低一日は「フィガロ」のチケットを先に抑えておかないと、落ち着きませんしねf(^^;

|
|

« こんな感じの幸福感 | トップページ | 再掲:アイドルを探せ!Vol.2 アレクサンダー・ヴィノグラードフ(Bs) »

フィガロの結婚@新国立劇場 2010.10」カテゴリの記事

コメント

我が家にも今日新国からお知らせが届きました。 私は自分ひとりのことを考えてとればいいのですが、「トリイゾ」を含めてセットで取ろうとするとなかなかむずかしいなあと悩んでいます。 なにしろ田舎モノなので、行ける日がいつでもというわけにはいかないのです。 リンデン組とトリイゾ最優先でなんとかしたいなと思っています。 

投稿: galahad | 2010/01/21 23:14

galahadさん:

ウチにはまだ、アトレの会報が届いてないんですよーー;あれこれ吟味するためには、いちいちWebで確認するのもめんどくさいな…と思って、こういうリスト作っちゃいました(^^;

>「トリイゾ」を含めてセットで取ろうとするとなかなかむずかしいなあと悩んでいます

ですねーー;
巷のブロガーのご意見を目にするにつけ「トリスタン」への並々ならぬ関心の高さが伺えますし、一番人気でしょうね。

地方在住の方ですと、尚更土日のマチネの都合が良いと思うんですよね。ホント、土日のマチネに対して、もう少し柔軟性を持たせた組み合わせが可能だとありがたいんですがーー;

しばらくは、悩み期間となりそうですcoldsweats01

投稿: ヴァランシエンヌ | 2010/01/22 00:16

遅まきながら、いよいよフィガロ発表になったんですね!でもサイトを見ると、やっぱりあのダンボールですか?gawk
私も見たいものが目白押しで、移住?の予定があるにもかかわらず、やっぱり新国立詣では止められそうにないです・・というか、移住先から行くとなると新幹線代が+されちゃうので、結構なお値段に!(ガーン)
セット券は一度に出費がかさむので、私の場合利点にはなりません。まあ、後で考えれば結局同じような額を払っているんですが。

投稿: straycat | 2010/01/25 09:57

straycatさん:

わぁ!お久しぶりです(^^)コメントありがとうございます。

>やっぱりあのダンボール

そうなんですよcoldsweats02
幸い?私自身を含め、私の周囲では一度もまだあの演出を観たことがないという人もそこそこ多いんですが、
客観的に見れば新鮮味に欠ける、話題性に乏しいのは否めないですねーー;

でも、出演者によっても「ホントに同じ演出?!」というくらい、雰囲気も変わると思うので
その辺りのことも踏まえつつ、劇場に足を運んで下さる方が少しでも増えることを願っています。

>新幹線代を含めると

ですよねぇーー;
来日公演に比べれば比較的手を出しやすいお値段ですが、確かに交通費がプラスされると…shockですし、
やはり二万円前後するS席は、たとえば「ちょっとオペラ見てみたいんだけど~~」という、若い人には勧めにくいですもん。

>セット券は一度に出費がかさむので

そうなんですよ。この為に毎年積み立てするとかしなければ、一度にあの金額支払うのは苦しいですwobbly
(そうでなくても、毎月自転車操業状態のdollarですのにsmile

投稿: ヴァランシエンヌ | 2010/01/25 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな感じの幸福感 | トップページ | 再掲:アイドルを探せ!Vol.2 アレクサンダー・ヴィノグラードフ(Bs) »