« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

シンクロ

41x1kq572bl__ss500_

ヴァラリンが使っているロシア語の辞書は、博友社の「ロシア語辞典」です。

教室に通い始め、なんとなくお勉強の体裁が整い、辞書欲しいけど~~新品だと高いからどうしようーー;と悩んでいた頃、ア●ゾンのマーケットプライスで、新品の3分の1ぐらいのお値段で出ているのを発見 ⇒ 即ポチり。

(箱が痛んでいたり、ビニールカバーが破れていたり、なんだかカビたようなにおいcatfaceもしていたんですが、そのうち気にならなくなりました^^;)

ロシア語の辞書は絶対数が少ないですし、値段も高めなのですが、細かいことを気にしない方なら、マーケットプレイスを覗いてみると、時々ビックリお値打ち価格で出品されていることがありますので、お勧めですよんbook

初学者には、パスポート社の露和辞典も好評ですが、こちらは単語の読み方に、カナが振ってあること+多分すぐに物足りなくなってしまうだろうな…ということで、最初から博友社さんのものにしました。

単語の読み方が、発音記号で書かれているのが助かります。
例文もわかりやすいし。

ところで今日、何気なく「改訂新版まえがき」を読んでいたら。。。

続きを読む "シンクロ"

| | コメント (2)
|

オンナノコだもの(笑)

003

…いえね。たとえ、トウが立っていようが、ワタシが女の子であるのは揺るぎのない事実ですからvirgo
今年は久しぶりに、お雛様を飾ってみました。

この子達は、私の初節句の時に、母が買ってくれた木目込人形。ちょうど今年は●十歳じゃないですか(^^;

本来、付属のガラスケースに収めて飾るものですが、ガラスケースを置ける適当な場所がないので、リビングの本棚から一時的に主人の本を移動させてbook
この子達の晴れの場所shineを作ってみました。

お人形自体は、意外と痛んでいないのですが、お道具の方は、若干痛みも出ています。
人形にも正しい配置位置があるんですが、限りのあるスペースですし、今年は適当に並べてみました。

この子達は、勇敢にも海を越えたことwaveもありまして(笑)
アメリカ在住時代は、我が家のかわゆいオブジェとして、在米期間中ずーっと、出しっぱなしで(^^;大活躍してくれていたのですよ。こちら→→→

続きを読む "オンナノコだもの(笑)"

| | コメント (6)
|

110219 ルネ・パーペ リサイタル@トッパンホール

《このリサイタルの為の予習&最近のルネ・パーペ関連記事》
再掲:アイドルを探せvol.1 ルネ・パーペ
ボリス・ゴドゥノフ@Metライブビューイング
「死の歌と踊り」ピアノ伴奏向け予習教材+ドイツリートもちょっとだけ
「死の歌と踊り」予習教材その2
ヴォルフ:ミケランジェロの3つの詩より2曲

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご一緒して下さった方々、ありがとうございました!楽しかったですね^^
それから…休憩時間にちょうど、私がお手洗いに行っている最中に、同行の友人達から「ヴァランシエンヌさんのブログで予習をしたのですが…」とお声かけをして下さった方がいたと伺いました。

独断と偏見に満ちた予習記事ですが、役に立てて下さった方がいらしたと伺って、大変嬉しく思います。恒常的にここを見て下さっているかどうか???ですがcoldsweats01
この場を借りてお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

Pape_rene_p_2

さて我が家で取り上げることの多い歌手の一人であり、何の因果か?!ウチの検索語句歌手部門、不動のNo.1である、ルネ・パーペ。
(あ、あのっ、ウチで力強くプッシュしている歌手は、決してパーペではないのよcoldsweats01

そういうわけで、何気に気になる、そして私自身はともかく…何故か私の友人たちには、彼のファンが多い(^^;
(ええもう、私が力強くプッシュしているバス歌手さんも、先輩格に当たる彼のことを、とーっても高く評価しているんですのよconfident

そんなパーペの、日本では初めてのリサイタル。しかもプログラムに燦然と輝く「死の歌と踊り@ムソルグスキー」shine
これはもう、行くしかないでしょ!!!ということで、大変たのしみにしていたリサイタルです。

会場のトッパンホールは、印刷会社の凸版印刷が母体…ってことで、無料のプログラムが、大変充実しておりました。全ての歌曲に歌詞対訳が掲載、さらに個人的に萌え萌えだったのが「死の歌と踊り」のオリジナル歌詞を、ちゃんとロシア文字で書いてくれていたこと!happy02
(実は一カ所、誤植があるんですけど、まあいいでしょ(笑))

…もう、これだけで、ヴァラリンのテンションMaxup トッパンホール、場所は不便だけど(笑)素晴らしい!!

さて、意気揚々と入ってきた彼を見て、まず感じたのが

続きを読む "110219 ルネ・パーペ リサイタル@トッパンホール"

| | コメント (9)
|

ヴォルフ:ミケランジェロの3つの詩より2曲

2月19日の、ルネ・パーペのリサイタル@トッパンホール予習プロジェクト(?)その3です。

ええ、どさくさにまぎれて、これも紹介しちゃおうかという魂胆です。
この作品の音源、あんまりないですしね(←かこつけようとしている)

続きを読む "ヴォルフ:ミケランジェロの3つの詩より2曲"

| | コメント (2)
|

You can be happy if you have a positive frame of mind.

前向きな気持ちが、幸せになれる方法です。。。ですって。

続きを読む "You can be happy if you have a positive frame of mind."

| | コメント (0)
|

「死の歌と踊り」予習教材その2

《死の歌と踊り》関連リンク

・ロシア歌曲・ロシア文字表記サイトリンク一覧
・ピアノ伴奏向け予習教材 その1(ルネ・パーペ リサイタル予習プロジェクト(?)
・ムソルグスキー《死の歌と踊り》/ガリーナ・ヴィシネフスカヤ

2月19日の、ルネ・パーペのリサイタル@トッパンホール予習プロジェクト(?)その2です。

今度は、この作品ではなく(笑)ドイツリート関係にしようと思っていたのに…

ああ、結局こっちから離れられません(^^;
(サガだ…)

…とさじ投げしていたら、ドイツ物(+ドイツ語^^)に強いgalahadさんが記事立てして下さいました。こちらをご参照下さいませwink

えい、もうこうなったら、とことんこっちの予習(というか、探求?)しようと決めました。
(もしかして、私の推奨プログラムに沿って?予習して下さるかたもいるかもしれませんしっ)

前回
「今度のパーペのリサイタルではピアノ伴奏なので、この作品にまだあまり馴染みのない方は、できればピア伴のものから聴いた方がいい、オケ版は派手なので、耳がそちらになじむと、ピア伴が地味に聞こえるから」
という、私の独断で(笑)ピア伴のジョージ・ロンドンのものをお勧めしました。

プレイリストURL  http://www.youtube.com/view_play_list?p=90E66621B66EE424

初めて聴いた方もそろそろ、この作品になじんできたところでしょうから?今日は別の方が歌っているものをいくつかご紹介します。

1)ディミトリー・ホロストフスキー
プレイリストURL http://www.youtube.com/view_play_list?p=95560A220C7F52E4

続きを読む "「死の歌と踊り」予習教材その2"

| | コメント (4)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »