« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

120917 東京交響楽団定期演奏会@みなとみらいホール

指揮  ヴァシリー・シナイスキー
デジュ・ラーンキ(ピアノ)
モーツァルト  ピアノ協奏曲第27番
ショスタコーヴィチ  交響曲第4番
東京交響楽団

今シーズンの目標は「オケ物」(歌物)以外のコンサートにも出来るだけ足を運んでみよう!」の私が、ショスタコーヴィチ4番が聴ける!ということで、選んでみたコンサート。

大好きなショスタコですら、交響曲もろくに聴いたことがないもんですから(13番と14番以外はねw)
予習もしました。
そしてなんとなく【マクベス夫人】を彷彿とさせる旋律が聴こえてきたりと、うん、掴みOK(^^)v
楽しみにしておりました。

前半のモーツァルトのピアノ協奏曲は、前日に慌てて予習したような状態でしたが、こちらも【コジ・ファン・トゥッテ】のドラベッラのアリアに似たような旋律が聴こえ、こちらも付け焼刃ながらの、掴みOK(^^)v

ピアノの、デジュ・ラーンキに聴きほれました。ツィートでもつぶやいたんですが、暖かくてふくよかな音色には、ピアノをまともに聴いたことがない私にも充分、歌心(ピアノ心?)が伝わってきました。

続きを読む "120917 東京交響楽団定期演奏会@みなとみらいホール"

| | コメント (0)
|

気になる演奏会

いつまで続くかわかりませんが^^;自分の覚書を兼ねて【気になる演奏会】をツィートしてみようと思いました。
こちらにまとめて載せてみますね。
ツィッターは⇒⇒⇒

続きを読む "気になる演奏会"

| | コメント (2)
|

フェイスブックってどーなの?!

ここんとこ、短文簡潔なツィッターと、至極内輪でエンジョイ?しているフェイスブックに偏り過ぎて、文章力の低下を感じました…orz

ま、彼のファンサイトのテコ入れは、引き続きやって行きたいのですが、個人的な雑談はやっぱりこっちで…と決めた以上、せめて一週間に一度、いえ、2週間に一度ぐらい(=月に二回ぐらいか^^;)は、こちらを更新して行こうと思います。

こっちを更新して行こうと思った理由は、最近フェイスブックに偏り気味な自分のネットスタイルを修正しようかな、と思ったこともあります。

登録制のSNSといえば、Mixiは閉鎖的な空間がイヤになって退会したし^^; もしかしたらとことん、SNSには向いてない性格なのかな、とも思います。飽きっぽいと言えばそれまでかもしれませんが、ある日突然、なんかヤだわーー;と思い始めると、どんどんヤになっちゃうの。

それにしても最近の、なんでもかんでも「フェイスブックいいねえ~」的な世の中の流れに対し、FB側の独善的なやり方を見ていると、もしかしたら、ブームもあと数年で廃れる可能性ナキニシモ…かな、とthink

理由はあまりにも、FB側に独善的過ぎるきらいがあるから。

続きを読む "フェイスブックってどーなの?!"

| | コメント (0)
|

レーピン展@Bunkamura ザ・ミュージアム

★これ★と同じ内容です。絵画関係なので、こちらにもまとめておきます:)

アレクサンドル・ヴィノグラードフの*1:降板@エルサレム室内音楽祭のニュースが飛び込んで以来、ショックでうじうじしている(つもりはなかったのですけど、傍目にはそう映っていたらしい((+_+)))
私を見かねた家族、友人が揃って

「気晴らししてきなさい!!!」

と云うもんですから(;一_一)

向かったのは渋谷・Bunkamuraのレーピン展。レーピンと言えば、かのムソルグスキー先生の肖像画。
あああ…気晴らしと言いつつ、何故傷口に塩を塗るような行動を自ら取るのだ・・・orz
(「死の歌と踊り」聴きたかった(T_T) ← まだ言ってる)

私は絵画音痴なので、よほどのことがない限り、画家と絵と、絵の名前を記憶できないのですが
(実は7月には、上野のベルリン国立美術館展にも足を運んでますし、あそこの絵は、当地ベルリンでも何度か見ているはずなんですが、確かに見覚えのある絵画が、ずらり並んではいたんですが。。。^^; これこそまさに「豚に真珠」ってやつですな)

記憶する、というよりも、私の嗜好にダイレクトに、繋がる…
絵の隙間から、そこかしこでロシアオペラが、声楽曲が聴こえてきます。ああ、これはあのオペラのあの場面を連想するわ、みたいな感じ。
ロシア音楽を聴いている時に感じる「丹田に響く感じ」に繋がる「丹田に響く鑑賞」とでもいうのかな…
そういう鑑賞ができました。

続きを読む "レーピン展@Bunkamura ザ・ミュージアム"

| | コメント (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »